【温泉神社 いわき湯本】夜はライトアップされて綺麗な神社!

いわき湯本温泉にある『温泉神社』

今回は、いわき湯本温泉にある『温泉神社』をご紹介します。いわき湯本温泉を散策するときには、オススメの立ち寄りスポットですよ。夜には、ライトアップしていて、昼間とは違った雰囲気を醸し出しています。特に、紅葉の時期は、境内がとても綺麗に色づいて、オススメだと思います。

『温泉神社』のご紹介

温泉神社へ

いわき湯本温泉にある『温泉神社』

温泉神社は、湯本駅からも歩いていける距離にある神社です。

いわき湯本温泉にある『温泉神社』

入り口には、温泉神社の由来が書かれています。福島県の神社の公式サイトによると、以下のように解説されています。

上代の昔現在地より、4km西方に聳える霊峰湯の岳(別称)佐波古峰に鎮座在りしを天武天皇2年(674年)にこの湯本三凾の地に遷座し最終に明和5年(1768年)現在地に遷座す。
例大祭は別称さつきまつりと呼称し花鎮めの意味。祭神は地下資源の神・医薬を司る神で延喜式内全国温泉神社の7社の内の1社で、湯本町の鎮守様として広く崇敬をあつめている。

石碑

いわき湯本温泉にある『温泉神社』

温泉神社だけあって、石碑の上から、本物の温泉を流していました。何と書かれているかは、よくわからなかったのですが、まさに温泉神社ですね。

手水舎

いわき湯本温泉にある『温泉神社』

階段を上ると、手水舎があります。こちらで、手と口を清めてから、参拝しましょう。後ろには、立派ない銀杏の木があって、自分が行った時には紅葉し始めていて、綺麗でしたよ。

神楽殿

いわき湯本温泉にある『温泉神社』

神楽殿もあります。

拝殿

いわき湯本温泉にある『温泉神社』

紅葉をバックにして、風格漂う立派な拝殿ですよね。

img_6013

拝殿のアップの写真です。立派な彫刻が刻まれていて、歴史を感じます。

本殿

いわき湯本温泉にある『温泉神社』

横に回れると、奥にある本殿の外観も見ることができますよ。

境内舎

いわき湯本温泉にある『温泉神社』

境内舎も2つほどありました。

いわき湯本温泉にある『温泉神社』4

ライトアップ

いわき湯本温泉にある『温泉神社』 写真が下手なので、うまく伝わりませんが、夜はライトアップしていて、幻想的な雰囲気ですよ。特に、紅葉の時期には、銀杏が色づいていて、昼とは違った美しさを楽しめますよ。

御朱印

 

インスタグラムの写真

施設概要

施設名温泉神社
住所福島県いわき市常磐湯本町三凾322
電話番号0246-42-2007
主祭神少彦名命(すくなひこなのみこと)
事代主命(ことしろぬしのみこと)
大巳貴命(おおなむちのみこと)
少彦名命(すくなひこなのみこと)
事代主命(ことしろぬしのみこと)
大巳貴命(おおなむちのみこと)
公式サイトhttp://www.tif.ne.jp/jp/spot/spot_disp.php?id=651
参照サイトhttp://fukushima-jinjacho.or.jp/guidance/2752/
アクセス<電車>
・JR常磐線『湯本駅』より、徒歩8分
駐車場なし
※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

Googleマップで開く

口コミ

  1. Ken より:

    一緒に行った人:子供と一緒 (年中・年長)

    口コミ評価 3

    温泉神社という名前が、いわき湯本温泉にピッタリですよね。
    夜は、ライトアップされて綺麗ですよ。

口コミを投稿するには会員登録ログインが必要です。

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!