【蛇骨湯 浅草】地元も旅行客にも超人気の温泉銭湯!

蛇骨湯(浅草の温泉銭湯)

東京の人気の観光スポットの浅草に、江戸時代から続く歴史ある温泉銭湯の『蛇骨湯』を特集!!
体を洗うシャワーから出る水やお湯も、普通の水ではなく、温泉が出てくるという非常な贅沢なお湯の使い方。
460円の料金で、露天風呂も水風呂もある本格的な温泉を楽しめます!!
浅草寺やスカイツリーにお出かけした際には、『蛇骨湯』に行くことをオススメします。

 蛇骨湯の紹介

蛇骨湯へ

I蛇骨湯(浅草の温泉銭湯)浅草線やつくばエキスプレスの『浅草駅』や銀座線『田原町駅』より、徒歩5分程度と、どこの駅からも近い『蛇骨湯』。
つくばエキスプレスの浅草駅から歩くと、浅草らしい『浅草演劇ホール』ののぼりが掲げられた通りを歩いていきます。

蛇骨湯(浅草の温泉銭湯)蛇骨湯は、とても細い路地の裏にあるので、注意してください。目印は、緑色の蛇骨湯の看板です。

蛇骨湯(浅草の温泉銭湯)ここを曲がった細い路地の先の突き当りにあるのが、蛇骨湯です。

蛇骨湯浅草温泉こちらが、蛇骨湯の正面の写真です。細い路地に、たくさん自転車が停まっています。

蛇骨湯の館内へ

蛇骨湯(浅草の温泉銭湯)暖簾をくぐって、中に入ります。

蛇骨湯(浅草の温泉銭湯)チケット券売機は、外国人観光客が多いため、英語と中国語と韓国語と日本語の4か国語対応しています。
チケット券売機で、入浴料を払います。大人は460円、小学生180円、未就学児80円と、東京の銭湯の一律料金です。サウナは別料金で+200円かかります。(なお、浴場には、無料のシャンプーとボディーソープが付いているので、シャンプーなどを購入する必要はないですよ)

更衣室

蛇骨湯浅草温泉

脱衣場のキレイで、すっきりしています。こちらのロッカーは、100円を入れるタイプではなく、そのままカギを回して占めることが出来ます。

富士山の壁画

蛇骨湯浅草温泉富士山

いざ、浴場に入ると、立派な富士山がお出迎えしてくれます。

シャワー

蛇骨湯浅草温泉カラン

まずは、体を洗うのですが、こちらのカランやシャワーから出る水は、すべて温泉水。
いろいろな温泉施設がある中で、カランからも温泉が使える所は、本当にごく一部だと思います。
貴重な温泉水を使って、しかも、備え付けのシャンプ―とボディーソープを使って、体を洗います。

蛇骨湯(浅草の温泉銭湯)
シャワーのお湯を、湯桶にためてみると、薄茶色に濁っていることがわかります。自分が行ったときは、もう少し色が濃かった気がしました。

内風呂

蛇骨湯浅草温泉内風呂

こちらの浴槽は、全て黒湯で、室内の浴槽は、ジャグジーや電気風呂もコーナーもある本格的なお風呂。
手前は浅くなっていて、奥のボディージェットとハイパージェットのエリアは深くなっています。ジェットは、各1個づつしかないですが、体をほぐせます。特に、ハイパージェットの強力な水圧で、体が凝っている部分を当てると、とても気持ち良いですよ。
露天風呂よりは少し熱く、41~42度くらいだと思います

サウナ

蛇骨湯(浅草の温泉銭湯)

自分は入っていないのですが、200円追加すると、サウナに入ることが出来ます。サウナは、あまり大きくなく、コンパクトなサイズでした。

 

次のページでは、露天風呂&口コミ評価を紹介します。

ページ: 1 2

施設概要

施設名蛇骨湯
住所東京都台東区浅草1-11-11
電話番号03-3841-8645
営業時間13:00 ~ 24:00
浴室退室は、23:40
定休日毎週火曜
(火曜日が祭日の場合は営業し、翌平日休業)
料金<入浴料>
・大人 460円(12歳以上)
・子供 180円(小学生)
・幼児  80円(6歳未満)

<その他>
・サウナ 200円
・手ぶらセット140円
 ※タオル&カミソリ&ハブラシ&手提げ袋
 (リンスインシャンプー・ボディソープ浴室内に設置)
公式サイトhttp://taito1010.com/component/mtree/sento-list/jakotsu.html
参照サイトhttp://saint-girl.hateblo.jp/entry/2014/10/24/113451
アクセス銀座線『田原町駅 3番出口』より、徒歩3分
都営浅草線『浅草駅 A1出口』より、徒歩5分
つくばエキスプレス『浅草駅』より、徒歩3分
駐車場なし
※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

Googleマップで開く

口コミを投稿するには会員登録ログインが必要です。

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!