【文庫の森 戸越】芝生広場と池がある緑豊かな公園!

文庫の森 戸越公園今回は、品川区にある戸越公園の隣にある『文庫の森』を特集!
文庫の森は、国文学資料館があった場所をリニューアルして、2013年にオープンしたばかりの新しい公園です。
子供が遊べる遊具はありませんが、広い芝生広場があって、自然と触れ合いながら遊べる公園ですよ。

文庫の森のご紹介

文庫の森へ

戸越公園

大井町線の戸越公園駅で降ります。

戸越公園

商店街をまっすぐ進んでいき、途中を右に曲がると、文庫の森に到着します。

案内図

文庫の森 戸越公園案内図です。文庫の森は、池がある『水辺の広場』と、芝生が広がっている『憩いの広場』『陽だまりの広場』と、三井家が所有していた頃の名残である旧三井文庫と、3つのゾーンに分かれています。

芝生広場

文庫の森 戸越公園文庫の森の中央は、広々とした芝生広場となっています。自分は、平日のお昼に行ったので、近くの保育園の子供たちが楽しそうに遊んでいました。

文庫の森 戸越公園公園の周りには、たくさん木々が植えられていて、落ち葉拾いや木登りなど、自然と触れ合う遊びができるのも魅力ですね。

旧三井文庫

文庫の森 戸越公園公園の中に、大正時代に造られた旧三井文庫の建物が残っており、展示されています。(中には、入れません)

文庫の森 戸越公園文庫の森や戸越公園がある一帯は、明治時代に三井家が所有していた為、旧三井文庫第二書庫がこちらの公園にあるようです。日本最古の壁式鉄筋コンクリート造建物とのことで、関東大震災も乗り越え、より防災を意識した建物に改修されたそうです。現在は、書庫の中は、防災備蓄倉庫として活用されているとのことで、エリアの非常時を支える建物になっているそうです。

水辺の広場

文庫の森 戸越公園文庫の森の中には、広くはないですが、池があり、池を横断できる八つ橋がかかっています。

文庫の森 戸越公園

て くてくご近所散歩。素敵な公園を発見♡ ベンチに座ってぼんやり。こどももおばあちゃんおじいちゃんもたくさん。思い思いの時間を楽しんでる。晴れてたらもっときれいだろうな〜(❁´3`❁) @yumin422

文庫の森 戸越公園池の周りには、夏場はジャブジャブ池として、水遊びできそうなエリアもあります。

文庫の森 戸越公園池には、カルガモたちが楽しそうに、泳いでいますよ。

近場のオススメスポット

戸越公園

戸越公園

戸越公園は、文庫の森と隣接していて、文庫の森に行くなら、戸越公園も一緒に訪れたいですね。もともと、肥後藩細川家の大名屋敷があった場所で、武家屋敷を感じさせる立派な門などがありますよ。また、すべり台やブランコなどの遊具もあるので、子供が遊具で遊びたくなったら、移動しても良いかもしれません。

戸越銀座温泉

戸越銀座温泉

文庫の森の近くなる温泉銭湯です。アメトークの銭湯大好き芸人でも紹介された東京でも人気の銭湯ですよ。公園で流した汗を銭湯ですっきりしてみては。屋上に黒湯の露天風呂があり、大人460円、小学生180円、未就学児80円と、リーズナブルな料金で楽しめます。

勝手に口コミ評価

文庫の森は、子供たちが自然に触れあって遊びたい場合には、オススメの公園です。森と池の両方があるので、遊具で遊ぶのとは違う発見をしてみては。また、近くには、戸越公園があるので、遊具で遊びたい場合にも、便利ですよ。

総合 ★★★☆☆
施設充実度 ★★☆☆☆
雰囲気 ★★★★☆
料金 ★★★★★
アクセス ★★★★☆

施設概要

施設名文庫の森
住所東京都品川区豊町1-16-23
料金無料
公式サイトhttp://www.city.shinagawa.tokyo.jp/hp/page000019100/hpg000019076.htm
アクセス大井町線『戸越公園駅』『下神明駅』より、徒歩7分
浅草線『戸越駅』より、徒歩8分
駐車場なし
※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

Googleマップで開く

口コミを投稿するには会員登録ログインが必要です。

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!