【千代の湯 三軒茶屋】時が停まっている激シブな銭湯!

img_0637

今回は、三軒茶屋にある超ディープな銭湯『千代の湯』をご紹介します。

三軒茶屋の飲み屋街で有名な三角地帯にある銭湯で、三角地帯もディープな飲み屋が並んでいますが、それに負けないインパクトがある銭湯ですよ。

是非、三軒茶屋を極めたい人には、オススメの銭湯です。

『千代の湯』のご紹介

千代の湯へ

千代の湯は、まず銭湯にたどり着くまで、一苦労します。行き方は2通りありますが、比較的わかりやすい方をご紹介します。

img_0664

駅を降りて、246通りを駒沢大学側に歩くと、ドン・キホーテがあります。ドン・キホーテの小道を右に曲がって、1本目の小道を更に右に曲がります。かなり年季の入ったフェンスと、銭湯の煙突を目印にしてください。先に進んでいくと、A-gardenというお店があって、その反対側が入口になっています。

img_0663

入口の看板です。自分も三軒茶屋の三角地帯に行くことが多いですが、こんな場所に銭湯があったとは、まったく気づきませんでした。

千代の湯の入口

img_0650

こちらが銭湯の入口です。暖簾が可愛らしいですね。

img_0648

下駄箱ですが、木札が定番の『松竹錠』ではなく、『オシドリ』という初めて見た名前。

脱衣場

img_0646

中に入ると、昭和から時間が完全に停まったような雰囲気です。ただ、天井のファンは現役で活躍していましたよ。

お風呂

img_0633

お風呂の様子です。浴槽は2つあって、タイル絵は立派な富士山が描かれています。

シャワーブース

img_0630

シャワースペースも、かなり年季が入った感じが漂っています。こちらは、シャンプーとボディーソープの備え付けがありますよ。

深いお風呂

img_0642

こちらのお風呂は、100cm程度の深さがありそうなお風呂です。全身を伸ばして、お湯に浸かれますよ。

ジャグジー風呂

img_0641

もうひとつのお風呂は、浅めで、ジャグジーが楽しめるようになっています。両方のお風呂ともに、温度が41度くらいで、子供でも入れそうでした。

スチームサウナ

img_0640

お風呂の隣には、スチームサウナが楽しめるようになっています。

img_0645

スチームサウナの様子です。追加料金なしで入れるとのこと、ありがたいですね。

休憩スペース

img_0649

こちらは、入口の前に、明治牛乳のベンチが置かれていて、一休みできるようになっていますよ。

 

次のページでは、インスタグラムの写真をご紹介します。

ページ: 1 2

施設概要

施設名千代の湯
住所東京都世田谷区三軒茶屋2-12-7
電話番号03-3410-2535
営業時間15:45~25:00
定休日金曜日
料金・大人:460円
・小学生:180円
・未就学児:80円
公式サイトhttps://www.setagaya1010.tokyo/guide/chiyo-no-yu/
アクセス<電車>
・東急田園都市線『三軒茶屋駅』より、徒歩2分
※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

Googleマップで開く

口コミ

  1. Ken より:

    一緒に行った人:一人旅

    口コミ評価 4

    三軒茶屋というおしゃれスポットで、完全に時が停まっている銭湯です。
    レトロ銭湯や廃墟系の建物が好きな人には、かなりオススメですよ。
    ただ、普通にお風呂を楽しみたい人には、ちょっとハードルが高いかもしれません。

口コミを投稿するには会員登録ログインが必要です。

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!