【永楽湯 横浜温泉銭湯】格天井が素敵な昭和レトロな銭湯!

永楽湯(横浜温泉銭湯)

今回は、横浜市の伊勢佐木長者町にある昭和レトロな温泉銭湯『永楽湯』をご紹介します。創業65年ほどとのことで、戦後間もない昭和20年代に造られたレトロな雰囲気の銭湯を楽しめますよ。関内や伊勢崎長者町にお出かけの後に、立ち寄ってみては。

永楽湯のご紹介

永楽湯へ

永楽湯(横浜温泉銭湯)

永楽湯は、横浜市営地下鉄の『伊勢佐木長者町駅』から商店街を抜けて、徒歩7分ほど歩きます。

永楽湯の入口

永楽湯(横浜温泉銭湯)

レンガで永楽湯と書かれたレトロな入口です。

永楽湯(横浜温泉銭湯)

レトロな銭湯と言えば、木札の松竹錠が一般的かと思っていましたが、富士錠という種類で富士山の絵が描かれているカギでした。

脱衣場

永楽湯(横浜温泉銭湯)

受付は、番頭式になっていて、脱衣場は格天井と呼ばれる立派な造りになってます。番頭の方に聞くと、約65年前に建てられたとのことで、戦後の昭和20年代に歴史を感じられますよ。

黒湯

永楽湯(横浜温泉銭湯)

永楽湯の特徴である黒湯の浴槽です。2つに分かれていて、奥が深くなっています。

IMG_0039

泉質は、『ナトリウム-炭酸水素塩泉(アルカリ性・低張性・冷鉱泉)』となっています。成分表には書かれていませんが、黒湯の成分は、太古の植物が染み出した『腐植質』となっており、湯上りも身体を温めてくれて、冷え性に効果があるそうです。また、アルカリ性の泉質は余分な角質を溶かしてくれ、また、保湿効果があるメタケイ酸が含まれているので、美肌効果が期待できますよ。

ジェットバス&気泡バス

永楽湯(横浜温泉銭湯)

白湯の浴槽は二つあって、どちらもジャグジーが楽しめるようになっています。

水風呂

永楽湯(横浜温泉銭湯)

永楽湯には、小さいですが、水風呂も付いていますよ。サウナを使う人や、温泉で火照った体をクールダウンするのに便利ですよ。

サウナ

永楽湯(横浜温泉銭湯)

かなり年季が入ったサウナが付いています。こちらは追加料金が必要です。

休憩スペース

永楽湯(横浜温泉銭湯)

脱衣場には、ソファとTVがあり、お風呂の後に休憩できるようになってます。写真の通り、歴史は経っていますが、床はピカピカに磨かれていて、とても気持ち良い空間になっています。

永楽湯(横浜温泉銭湯)

レトロな銭湯には定番のマッサージチェアも付いてます。こちらのマッサージチェアは、マッサージ玉が自動で動かずに、右手側にあるハンドルを回して、高さを調整する必要があるタイプです。

インスタグラムの写真&コメント

Instagram media jintetu - あと、横浜でも銭湯いただきます!

あと、横浜でも銭湯いただきます!@jintetu

Instagram media sasamotomasaki - #永楽湯 #銭湯 #横浜銭湯 #2016sentou

#永楽湯 #銭湯 #横浜銭湯 @sasamotomasaki

勝手に口コミ評価

横浜の山手・関内・伊勢佐木町周辺には、何軒か温泉銭湯がありますが、永楽湯は、『いなり湯』と並んで、昭和レトロな雰囲気を味わえる銭湯だと思います。横浜の歴史を感じる観光をしたい人は、是非、歩き疲れた体を『永楽湯』で癒してみては。個人的には、かなり満足度が高い銭湯でした。

総合 ★★★★☆
雰囲気 ★★★★☆
設備 ★★★☆☆
温泉 ★★★☆☆
料金 ★★★★☆
アクセス ★★★☆☆

施設概要

施設名永楽湯
住所神奈川県横浜市南区永楽町1-8
電話番号045-231-1738
営業時間15:00〜24:00
定休日6日・16日・25日(変更あり)
料金<入浴料>
・大人:470円
・小学生:200円
・未就学児:100円

<サウナ>
追加100円
公式サイトhttp://k-o-i.jp/koten/eirakuyu.html
アクセス<電車>
・横浜市営地下鉄ブルーライン『伊勢佐木長者町駅』より、徒歩6分
※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

Googleマップで開く

口コミ

  1. Ken より:

    一緒に行った人:一人旅

    口コミ評価 4

    レトロなレンガタイルの建物で、昭和の雰囲気が漂う温泉銭湯です。
    個人的には、非常に好きな銭湯なので、是非また訪れたいです。

口コミを投稿するには会員登録ログインが必要です。

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!