【二軒茶屋餅角屋本店 伊勢神宮】赤福だけでない伊勢名物のお餅!

伊勢神宮にある二軒茶屋餅角屋本店

今回は、伊勢神宮にある二軒茶屋餅角屋本店をご紹介します。伊勢神宮のお餅といえば、皆さん赤福をイメージするかと思いますが、二軒茶屋餅という知る人ぞ知るお餅があるんです。

450年続く老舗で、伊勢神宮から二見浦に向かい途中にある昔ながら建物が素敵ですよ。店内でも食べられますし、テイクアウトもできるので、車で移動の人は立ち寄ってみては。

また、事前申し込みをすれば、ビールの醸造所や味噌蔵などの工場見学が無料で出来るようです。

二軒茶屋餅角屋本店のご紹介

二軒茶屋餅角屋本店へ

伊勢神宮にある二軒茶屋餅角屋本店

伊勢神宮から二見浦に向かう剣道102号線沿いにあります。自分も気づかずに通り過ぎて、折り返して立ち寄りましたので、ナビに入れておくことをオススメします。

店内の様子

伊勢神宮にある二軒茶屋餅角屋本店

建物の中は、昔ながらスタイルの店づくりとなっています。

伊勢神宮にある二軒茶屋餅角屋本店

受付の奥では、包装の作業をしている人がいらっしゃいました。

伊勢神宮にある二軒茶屋餅角屋本店

店内には、懐かしい黒電話が現役で活躍しているようでした。

メニュー

伊勢神宮にある二軒茶屋餅角屋本店

お餅は、テイクアウトも、お店で頂くこともできます。お店でいただく場合、3個のお餅とお茶のセットで230円と、リーズナブルな料金設定です。

二軒茶屋餅

伊勢神宮にある二軒茶屋餅角屋本店

こちらは、お餅とお茶です。あづき餡が中に入っていて、周りに、きな粉がついていて、甘くておいしいお餅ですよ。赤福も素敵ですが、この二軒茶屋餅も美味しかったですよ。

伊勢神宮にある二軒茶屋餅角屋本店

その為、いつもは、赤福をお土産で購入しますが、今回は、二軒茶屋餅をお土産で購入することに。

二軒茶屋餅の歴史&由来

公式サイトに、二瓶茶屋餅の歴史が記載されているので、紹介されます。東京には、三軒の茶屋があったので『三権茶屋』という地名になった場所がありますが、伊勢は二軒のお店があったので、二軒茶屋という名前になったようです。

軒茶屋餅は、今から約420年の昔、天正3(1575)の創業と伝えられています。かつて、尾張、三河、遠江方面からの伊勢神宮への参宮客は、海路をとるのが最短コースとあって、伊勢湾を横切り、伊勢の町を貫流する勢田川をさかのぼって、二軒茶屋餅の舟付場に上陸しました。

当時、この辺りは一面の芦の原。名物餅を売る茶店「角屋」と、うどんとすしの「湊屋」がぽつんと建っていました。そこで、誰いうと無くこの地を二軒茶屋とよび、それが餅の名にもなったと言い伝えられています。

 

次のページでは、地ビールや醤油を販売している麦酒蔵や工場見学について、ご紹介します。

ページ: 1 2

施設概要

施設名二軒茶屋餅角屋本店
住所三重県伊勢市神久6-8-25
電話番号0596-23-3040
営業時間7:30~18:00(時期により変動あり)
定休日年中無休
料金・お餅(3個)+お茶:230円
公式サイトhttp://www.kadoyahonten.co.jp/restaurant/info_c.htm
参照サイトhttps://www.kankomie.or.jp/spot/detail_46.html
アクセス<電車&バス>
・JR・近鉄『伊勢市駅』、近鉄『宇治山田駅』より、二見・鳥羽方面行きバス10分「二軒茶屋」下車
駐車場無料駐車場有
※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

Googleマップで開く

口コミ

  1. Ken より:

    一緒に行った人:一人旅

    口コミ評価 4

    伊勢神宮のお土産といえば、赤福だと思っていましたが、二軒茶屋餅のオススメです。
    本店に行けなくても、内宮と外宮にお店があるようです。
    車で観光している人は、二見浦に行く途中で立ち寄ってみては。

口コミを投稿するには会員登録ログインが必要です。

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!