【小鹿の湯 那須温泉】硫黄の温泉を源泉かけ流しで楽しめる!

小鹿の湯(那須湯本温泉の日帰り温泉)今回は、那須温泉の『小鹿の湯』を特集!
那須湯本温泉で人気の『鹿の湯』と同じ源泉をかけ流しで使っている温泉です。はなやホテルの温泉で、日帰り入浴も21時まで入れて、入浴料も平日400円、土日500円とリーズナブルです。

『小鹿の湯』のご紹介

入口

小鹿の湯(那須湯本温泉の日帰り温泉)小鹿の湯は、はなやホテルにある温泉です。こちらが入口にある看板ですので、温泉の目印にしてくださいね。こちらの看板の前に駐車スペースが3台分くらいあります。

小鹿の湯(那須湯本温泉の日帰り温泉)温泉の入り口です。手前に、料金を払う受付があって、大人料金(土日)500円と子供料金300円を払います。
温泉卵も70円で売っているので、風呂上りに買ってみては。

入浴の案内

小鹿の湯(那須湯本温泉の日帰り温泉)日帰り入浴は、9時~21時となっています。日帰りの露天風呂は19時までとなっています。

更衣室

小鹿の湯(那須湯本温泉の日帰り温泉)更衣室の写真です。木のぬくもりに溢れた造りになっています。
こちらには、ロッカーがないので、貴重品は入口の横にある小さなロッカーに入れてください。ちなみに、ロッカーの100円は戻ってこないので、貴重品は温泉に持ってこないことをオススメします。また、シャワーは3つ付いているのですが、シャンプーとボディーソープは置いていないので、持参するか、受付で購入してくださいね。

内湯

小鹿の湯(那須湯本温泉の日帰り温泉)

内湯は、『あつ湯』と『ぬる湯』の2つの浴槽があります。あつ湯は、6人くらい入れる大きさで、ぬる湯は10人くらい入れる大きさです。

小鹿の湯(那須湯本温泉の日帰り温泉)あつ湯は43・44度くらいで、我慢しないと入れないくらいの熱さでした。3分入って、3分休憩を繰り返すのが、こちらの温泉の入り方だそうです。お風呂場の浴槽も、床も、天井も全て木で作られていて、落ち着く雰囲気です。

露天風呂

小鹿の湯(那須湯本温泉の日帰り温泉)露天風呂です。19時からは宿泊客専用となるので、日帰りの場合は19時よりも前に入浴することをオススメします。こちらの露天風呂は、周りが壁に囲まれていて、こじんまりとした露天風呂です。照明はなく、真っ暗で、お風呂は4人くらいがちょうどのサイズです。

温泉分析書

小鹿の湯(那須湯本温泉の日帰り温泉)泉質は、『単純酸性 硫黄温泉(硫化水素型)』となっており、温泉からは硫黄の臭いがして、少し白濁していました。こちらの温泉は、加水・加温・消毒もしていない源泉かけ流しの温泉です。

勝手に口コミ評価

広くて、景色が楽しめる温泉ではないですが、硫黄の臭いがする白濁色の温泉を源泉かけ流しで楽しめ、お湯を楽しみたい人には満足できる温泉だと思います。風呂上りは、ホカホカするし、肌もツルツルになって、効能が高いと感じました。

総合 ★★★★☆
雰囲気 ★★★★☆
設備 ★★★☆☆
温泉 ★★★★★
料金 ★★★★☆
アクセス ★★☆☆☆

施設概要

施設名小鹿の湯
住所栃木県那須郡那須町湯本77
電話番号0287-76-2333
営業時間9:00~21:00
料金・大人(平日):400円
・大人(土日):500円
・子供:300円
公式サイトhttp://www.nasukogen.org/spotsearch/detail.php?id=300121069
アクセス<電車>
JR『那須塩原駅』及び『JR黒磯駅』を下車。「那須湯本行き」路線バス「湯本1丁目」を下車
駐車場無料駐車所有
※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

Googleマップで開く

口コミを投稿するには会員登録ログインが必要です。

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!