【北投温泉 台湾】台北から日帰りで行ける露天風呂!

北投温泉 露天風呂

今回は、台北から電車で行ける北投温泉をご紹介します。台湾の箱根のような温泉街となっていて、日本の加賀谷を始めとするホテルが並んでいますが、水着着用で源泉かけ流しの露天風呂を楽しめる北投親水公園露天温泉をご紹介します。

北投親水公園露天風呂のご紹介

北投温泉へ

台湾地下鉄

北投温泉は、MRT(地下鉄)で行くのが便利です。台北市から赤色の淡水線に乗車、途中の北投駅で乗り換えて、『新北投駅』で降ります。

北投温泉 露天風呂

北投駅から、この電車に乗りました。北投駅と新北投駅の間を折り返し運転しているのですが、ほとんど停車時間はなく、北投駅に車両がついたら、すぐに出発してしまうので、気を付けてください。

北投温泉 露天風呂

新北投駅で降ります。

案内図

北投温泉 露天風呂

露天風呂までは歩いて10分程度となっています。駅からすぐに公園になっているので、公園の中を散歩しながら行くのをオススメします。

温泉の入口

北投温泉 露天風呂

こちらが温泉の入口です。こちらの温泉は、裸ではなく、水着着用必須なので、忘れずに持っていきましょう。

営業時間&入浴料

北投温泉 露天風呂

入浴料は大人40元、子供20元となっています。営業時間は、2時間~2時間半毎に入れ替え制となっていて、朝5時半から夜10時まで営業していますよ。

温泉の様子

北投温泉 露天風呂

左側のロッカーに荷物を入れて、お風呂に入ります。お客さんは台湾の人も多いですが、欧米人などの観光客もいて、賑わっていました。手前に見えるのは、水風呂になっています。

北投温泉 露天風呂

こちらが源泉かけ流しの温泉です。一番上が『あつ湯』になっていて、下の露天風呂になるほど『ぬる湯』になります。なお、ここの温泉では、体を温泉から出て、足だけ浸かるということはNGのようです。同じ温泉でも国によって、マナーは異なるんですね。

 

次のページでは、インスタグラムの写真をご紹介します。

ページ: 1 2

施設概要

施設名北投温泉親水公園
住所No. 6, Zhongshan Rd, Beitou District, Taipei City, 台湾 112
営業時間5:30~7:30
8:00~10:00
10:30~13:00
13:30~16:00
16:30~19:00
19:30~22:00
料金大人:40元
子供:20元
アクセス『新北投駅』より、徒歩7分
駐車場なし
※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

Googleマップで開く

口コミ

  1. Ken より:
    口コミ評価 4

    熱い台湾で、水着を着て、現地の人も、海外からの観光客も一緒に入る露天風呂は、日本で入る温泉とは、また違った体験で面白かったです。
    特に、温泉文化が異なっていて、日本では注意されないようなことでも、注意されるのが、文化の違いを感じました。
    台北から日帰りで行けるので、オススメですよ。

口コミを投稿するには会員登録ログインが必要です。

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!