【東京タワー水族館】ピラニアやアロワナなどの淡水魚が充実!

東京タワー水族館

今回は、東京タワーの1階にある東京タワー水族館をご紹介します。1978年から続く歴史ある水族館で、900種類の魚たちを展示しています。東京近郊の他の水族館と比べると、イルカショーなどもなく、スペースも狭いですが、アマゾンの魚など海の魚よりも、川や湖の魚がたくさん展示されています。東京タワーに出かけた際には、帰りに立ち寄ってみては。

東京タワー水族館のご紹介

東京タワー水族館へ

東京タワー水族館

東京タワーの1階に、東京タワー水族館があります。入場料は、大人1,080円、子供600円となっています。

案内図

東京タワー水族館

東京タワー水族館の案内図です。入り口の近くには、海の熱帯魚が展示されていますが、その奥は世界の淡水魚が展示されているのが特徴です。

海の熱帯魚

海の熱帯魚を紹介しているエリアです。広い水槽はないですが、人気の魚たちが展示されていますよ。

クマノミ

東京タワー水族館

子供たちに人気のニモで有名なクマノミなどの熱帯魚が展示されています。

タツノオトシゴ&ヘラアユ

東京タワー水族館

人気のタツノオトシゴと頭を下にして泳ぐヘアアユが展示されています。

オオグソクムシ

東京タワー水族館

ダンゴムシのような深海で暮らす甲殻類のオオグソクムシです。

チンアナゴ

東京タワー水族館

海底から顔を出している愛嬌のある姿が人気のチンアナゴです。

グリーンモレイ

東京タワー水族館

20年以上も東京タワー水族館で暮らしているグリーンモレイです。大西洋で生息する大型のウツボです。

ミノカサゴ

東京タワー水族館

セビレに毒を持っていますが、優雅に泳いでいるミノカサゴです。

クラゲ

東京タワー水族館

最近、水族館で人気のクラゲの水槽がありました。

ヒトデ

東京タワー水族館

手を入れて、ヒトデを触ることが出来る水槽です。

 

次のページでは、南北アメリカの熱帯魚をご紹介します。

ページ: 1 2 3

施設概要

施設名東京タワー水族館
住所東京都港区芝公園4-2-8
営業時間<3月16日~11月15日>
・10:30~19:00

<11月16日~3月15日>
・10:30~18:00
※最終入館は、終了30分前
定休日年中無休
料金<入館料>
・大人:1,080円
・中学生以下&65歳以上:600円
※大人1名で3歳以下の子供1名無料
公式サイトhttp://www.suizokukan.net/index.html
アクセス<電車>
・JR『浜松町駅』より、徒歩15分
・日比谷線『神谷町駅』より、徒歩6分
・都営大江戸線『赤羽橋駅』より、徒歩5分
・都営三田線『御成門駅』より、徒歩6分
・都営浅草線『大門駅』より、徒歩10分
※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

Googleマップで開く

口コミ

  1. Ken より:

    一緒に行った人:子供と一緒 (年中・年長)

    口コミ評価 3

    すみだ水族館や、しながわ水族館や、葛西臨海水族館などの東京の水族館とは、一味違っていて、
    淡水魚が充実しています。
    東京タワーに出かけた際には、一緒に、立ち寄ってみては。
    あまり広い水族館ではないので、1時間くらいで見られますよ。

口コミを投稿するには会員登録ログインが必要です。

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!