【横浜市電保存館】100円で、昭和に活躍した路面電車を見られる!

横浜市電保存館今回は、横浜にある路面電車(市電)を展示している『市電保存館』を特集!!
入場料は、大人100円、小中学生50円と格安です。
横浜を走っていた路面電車や、ジオラマが展示されています。また、市営地下鉄のシミュレーションもあります。

市電保存館のご紹介

市電保存館へ

横浜市電保存館自分の子供は、横浜市営地下鉄に乗ったことがないので、乗ってみたいと希望。市営地下鉄に乗って遊びに行けるところを検討した結果、市電保存館に行くことに。市営地下鉄ブルーラインに乗り、吉野駅で降ります。駅の出口の近くには、市営地下鉄の案内図がありました。市営地下鉄『吉野町駅』やJR根岸線『根岸駅』からバスに乗っていくことが出来ます。

市電保存館の外観

横浜市電保存館市電保存館の入り口です。

横浜市電保存館横には、市営バスの車庫になっています。

屋外の展示

横浜市電保存館建物のゲートには、実際に使われていた市電車輌が展示されています。

横浜市電保存館こちらは、市電で実際に使われていたポールが展示されています。

横浜市電保存館解説の案内図が置かれています。

横浜市電保存館こちらの穴は、横浜大空襲の際に受けた被弾の穴とのことで、歴史を感じますね。

案内図

横浜市電保存館市電保存館開設の経緯を紹介されています。1972年に市電が廃止され、73年には保存館がオープンしたとのことです。

横浜市電保存館フロアの案内図です。真ん中に、市電(路面電車)の展示コーナーになっていて、奥には、ジオラマ展示&地下鉄シミュレーションがあります。

入口の歴史コーナーの紹介

1000型の模型

横浜市電保存館1000型の模型が、入口でお客さんをお出迎えしています。

スタンプコーナー

横浜市電保存館市電の運転席を活かしたスタンプ台です。3種類のスタンプを押すことが出来ます。

ジオラマ

横浜市電保存館地上には路面電車(市電)が走り、高架を市営地下鉄が走っているジオラマです。ボタンを押すと、動きます。

年表

横浜市電保存館年表が掲げられています。横浜の市電が出来たのは、1904年で、神奈川~大江橋が開通したとのことです。

横浜市電保存館市電が廃止されたのが、1972年です。

 

次のページでは、路面電車の展示スペースをご紹介します。

ページ: 1 2 3 4

施設概要

施設名横浜市電保存館
住所神奈川県横浜市磯子区滝頭3-1-53
電話番号045-754-8505
営業時間9:30~17:00
(入館は16:30まで)
定休日・毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
 ※春休み・夏休み・冬休み期間中は月曜日も開館

・年末年始(12/29~1/3)
料金<入館料>
大人  :100円
小中学生:50円
未就学児:無料

<地下鉄シミュレーター>
100円/回
公式サイトhttp://www.kyouryokukai.or.jp/train.html
アクセス<バス>
・ JR根岸駅から市営バス21系統市電保存館前行・78・133系統で約7分。市電保存館前下車
・地下鉄吉野町駅から市営バス113系統磯子駅行・156系統滝頭行で約7分。滝頭下車
・地下鉄阪東橋駅から市営バス68系統滝頭行・102系統滝頭行で約10分。滝頭下車
・上大岡駅から市営バス133系統根岸駅行で約20分。市電保存館前下車
・横浜駅東口から京急バス110系統・市営バス102系統で約30分。滝頭下車

<電車>
・JR根岸駅・地下鉄吉野町駅から徒歩約25分
駐車場無料駐車場有(24台)
※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

Googleマップで開く

口コミを投稿するには会員登録ログインが必要です。

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!