【よろづ湯 吉祥寺銭湯】富士山のペンキ絵が素敵なレトロ銭湯!

よろづ湯(吉祥寺銭湯)

今回は、東京都武蔵野市にあるレトロ銭湯『よろづ湯』をご紹介します。吉祥寺駅のヨドバシカメラ周辺の飲食店街にある銭湯で、周りのビルがオシャレになっていく中で、昭和レトロな雰囲気を残し続けている銭湯ですよ。井の頭公園で遊んだ後や、吉祥寺でご飯を食べる前に立ち寄ってみては。

『よろづ湯』のご紹介

よろづ湯へ

よろづ湯(吉祥寺銭湯)

よろづ湯は、吉祥寺駅の中央口の改札を出て、徒歩2~3分の場所にある銭湯です。

よろづ湯(吉祥寺銭湯)

周りには、オシャレなビルもあれば、飲食店や大人の夜のお店があったりと、ちょっとディープな雰囲気が漂うエリアにあります。

入り口

よろづ湯(吉祥寺銭湯)

昭和レトロな雰囲気が漂う入り口です。

下駄箱

よろづ湯(吉祥寺銭湯)

下駄箱は、もちろん木札の鍵になっていて、ブランドは桜の花びらが描かれている『さくら』です。

脱衣場

よろづ湯(吉祥寺銭湯)

昔ながらの番頭スタイルの銭湯です。入浴料460円払って、脱衣場に入ります。

お風呂場

よろづ湯(吉祥寺銭湯)

お風呂場には、富士山と渓流のペンキ絵が描かれていて、昭和レトロな雰囲気が漂っています。

シャワースペースですが、男湯と女湯の仕切りがある場所しかシャワーがついていません。また、シャンプーとボディーソープの備え付けはないので、ご注意を。

お風呂

よろづ湯(吉祥寺銭湯)

お風呂は、浴槽が2つあります。温度は41度くらいで、熱すぎることなく、入りやすかったです。広い方の浴槽は、ジャグジーが楽しめるスペースが2つあります。

よろづ湯(吉祥寺銭湯)

もうひとつの浴槽は、ちょっと深めの浴槽となっています。

マッサージチェア

よろづ湯(吉祥寺銭湯)

レトロ銭湯といえば、定番の20円で楽しめるマッサージチェアも置いてあります。こちらのマッサージチェアは、揉み玉が自動では動かず、自分の気持ち良い場所までハンドルを上下させて動かすというタイプで、ぜひ、よろづ湯に行った際には体験してみては。

 

次のページでは、インスタグラムの写真をご紹介します。

ページ: 1 2

施設概要

施設名よろづ湯
住所東京都武蔵野市吉祥寺本町1-18-9
電話番号0422-22-3235
営業時間16:00~24:30
定休日土曜日
料金大人:460円
小学生:180円
未就学児:80円
公式サイトhttp://www.1010.or.jp/map/item/item-cnt-677
アクセスJR中央線・総武線・京王井の頭線『吉祥寺駅』より、徒歩3分
駐車場なし
※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

Googleマップで開く

口コミ

  1. Ken より:

    一緒に行った人:一人旅

    口コミ評価 3

    吉祥寺の中では、夜のお店が多いエリアにある銭湯です。町の変化に取り残されていて、レトロな雰囲気を醸し出しています。
    お風呂自体はシンプルですが、井の頭公園で遊んだ後に立ち寄って、その後、食事をするというのは、結構よいのではと思います。
    このまま残り続けるか、新しいオシャレ銭湯としてリニューアルされるのは、わかりませんが、銭湯巡りをしている人は、早めに行くことをオススメします。

口コミを投稿するには会員登録ログインが必要です。

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!