【はまぎんこども宇宙科学館】プラネタリウムやアスレチックも!

はまぎんこども宇宙科学館 width=

今回は、横浜市洋光台にある『はまぎんこども宇宙科学館』をご紹介します。宇宙や科学について、いろんな体験をしながら学べる施設で、子供が喜ぶような仕掛けがいっぱいありますよ。

プラネタリウムでは、ドラえもんや妖怪ウォッチなど子供に人気のキャラクターが登場するプログラムもあって、、子供に人気の博物館ですよ。

はまぎんこども宇宙科学館のご紹介

はまぎんこども宇宙科学館へ

はまぎんこども宇宙科学館

はまぎんこども宇宙科学館は、JR根岸線の洋光台駅から徒歩3分くらいの場所にあります。駅のロータリーを抜けて、横浜銀行を左に曲がり、次のオリンピックの先を左に曲がると到着します。

はまぎんこども宇宙科学館

こちらが入り口となります。なお、隣には遊具で遊べる公園もあるので、科学館が終わった後には、公園でも遊べますよ。自分が行った時は、残念ながら雨だったので、外では遊べませんでしたが・・・。

入場料

はまぎんこども宇宙科学館

入り口でチケットを購入します。入館料は、大人400円、小中学生200円、幼児無料となっています。なお、6か月間遊べるフリーパスも販売されており、大人800円、小中学生400円となっているので、近くに住んでいる人や、この科学館が気に入った人には、フリーパスを購入することをオススメします。

また、プラネタリウムは別途追加料金が必要で、大人600円、小中学生300円、幼児200円となっています。

宇宙ステーション

はまぎんこども宇宙科学館

天井を見上げると、宇宙ステーションがあります。ただ、これは、1/4のみ作っていて、あとは鏡で映っている姿だそうです。

館内案内

フロアマップ

地上5階、地下2階の建物全部が科学館となっていて、プラネタリウムを併設されています。それぞれのフロアを紹介していきます。

5階:宇宙船長室

5F 宇宙船長室 Space Captain 宇宙の広がりをさぐろう!

宇宙について学ぶことができるフロアです。

太陽系

はまぎんこども宇宙科学館

『水・金・地・火・木・土・天・海』で覚える太陽系に関する展示コーナーがあります。自分が子供の時は、冥王星まで含めて、太陽系として覚えていましたが、冥王星は準惑星という位置づけに変更されたようですね。

 

はまぎんこども宇宙科学館

それぞれの惑星ごとに重力が異なるとのことで、地球で1キロの物が、それぞれの惑星では、何キロになるかを体験できます。

 

500kgいん石

はまぎんこども宇宙科学館

アフリカで見つけられた巨大いん石が展示されています。こちらの隕石は、実際に触ることもできますよ。

表面がでこぼこになっているのは、地球に落下する間に、摩擦の熱で溶けてしまったことが要因とのことです。

 

生命のバランス

はまぎんこども宇宙科学館

密閉された球体の水槽が展示されています。この水槽の中には、魚やエビや水槽が入れられており、上から太陽の代わりに、LEDライトで光を当てています。

こちらは、自己完結してバランスが取れた生態系となっており、魚たちに餌をあげることは一切していません。

水草が、エビや魚の排せつ物を栄養として取り入れる一方で、酸素を作り出し、魚やエビは、枯れた水草やコケを食料にしています。

自分が行った時には、ふたを閉めてから307日が経過しているそうですが、魚も元気に泳いでいました。

 

スイングバイ

はまぎんこども宇宙科学館

大小の大きさが異なる穴が開いていて、パチンコ玉を発射させて、その穴に落ちないように、ゴールまでたどり着けるか、チャレンジする展示物です。

こちらは、宇宙空間における惑星の重力圏をイメージしているようで、重力圏をイメージした穴の近くに行くと、穴の影響を受けて、パチンコ玉のコースが変わったり、穴に落ちてしまいます。

実際に、人工衛星が宇宙を移動するときには、惑星の重力圏を利用しながら、航行ルートを決めていくそうで、この航法をスイングバイというそうです。

息子は、そんなことは理解していませんが、単純に穴に落ちないように、パチンコ玉を発射させて遊んでいました。

 

惑星レール

はまぎんこども宇宙科学館

昔ながらの駄菓子屋にありそうな遊具のようですが、太陽系の惑星をイメージした穴に、平行になっているレールの幅を調整して、ボールを入れていき、点数を競うというゲームです。

これは楽しみながら、太陽系の惑星の名前を覚えられて、良い展示物だと思いました。子供たちに人気で、順番待ちの列ができていました。

 

大気圏突破ゲーム

img_2976

こちらもパチンコの玉を発射させる展示物で、宇宙にたどり着くためには、パチンコの玉をどの角度で、どれくらいの強さで発射させるかを体験するゲームとなっています。

 

Virtual Zone

はまぎんこども宇宙科学館

列が長かったので、体験していませんが、自分の体の動きが映像に投影されて宇宙を移動できるコーナーです。

 

スペースシャトルのシミュレーター

はまぎんこども宇宙科学館

スペースシャトルを自分でコントロールできるシミュレーターもありますよ。

こちらの人気のようで、列が長かったので、体験できませんでしたが・・・。

 

キャプテンシアター

はまぎんこども宇宙科学館

ステージと座席があって、スタッフの人が、宇宙や科学についての体験型のレクチャーをしてくれるスペースです。

自分が行った時には、『だるまおとし』のサイエンスショーをやっていました。自分が行きたい日に、どんなイベントがあるかは、公式サイトをチェックしてみてくださいね。

 

次のページでは、4階の宇宙研究室をご紹介します。

ページ: 1 2 3 4 5 6

2017-01-10

施設概要

施設名はまぎんこども宇宙科学館
住所神奈川県横浜市磯子区洋光台5-2-1
電話番号045-832-1166
営業時間9:00~17:00
定休日・第1・3月曜日(祝日・振替休日の場合は、翌日火曜日)
・年末年始(12月29日~1月3日)
料金<入館料>
・大人:400円
・小中学生:200円
・幼児:無料

<6か月パス>
・大人:800円
・小中学生:400円

<プラネタリウム>
・大人:600円
・小中学生:300円
・幼児:300円
公式サイトhttp://www.yokohama-kagakukan.jp/
Instagramhttps://www.instagram.com/explore/locations/752256/
アクセスJR根岸線『洋光台駅』より、徒歩3分
駐車場有料駐車場有(70台)

<駐車料金>
・普通車 700円(1日)
※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

Googleマップで開く

口コミ

  1. Ken より:

    一緒に行った人:子供と一緒 (年中・年長)

    口コミ評価 4

    手や体を動かして遊べるアトラクションが多いので、何時間でも遊んでられますよ。
    また、物理の原理を体感できるアトラクションがあるのも、素敵だと思います。

口コミを投稿するには会員登録ログインが必要です。

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!