【モアナと伝説の海】ハワイを舞台にしたディズニー映画最新作の映像美がとんでもないらしい。

「モアナ 映画」の画像検索結果

みなさん、こんにちは!本日は、2017年3月10日に公開が決まったディズニー映画最新作「モアナと伝説の海」のご紹介です。

新たなヒロインが登場することでも話題の本作ですが、その新ヒロイン“モアナ”の幼少期、“海に愛される”特別なチカラを驚きの映像美で表現する特報映像がこのほど到着しました。

あらすじ

南太平洋で語り継がれる神秘的な伝説をもとに、新たなストーリーを紡ぐ本作の舞台は美しい南の海。ヒロインのモアナは、数々の伝説が残る島で生まれ育った16歳の美しい少女。幼い頃“ある体験”がきっかけで海と運命的な絆で結ばれたモアナは、いつしか“海に愛される”という特別なチカラを持つようになり、やがて世界をひとつにつなぐ大海原へ──。それは、誰も想像できない神秘に満ちた冒険の旅の始まり。

moana-clip

disney.trendolizer.com

このほど到着したのは、モアナが海に愛されるきっかけを描いた、本編でも非常に重要なシーンの一部を切り取った特報映像。まだあどけなく愛らしい子どもの頃のモアナが浜辺で遊んでいるシーンから始まる映像では、何かに導かれるように、よちよち歩きで波打ち際へ向かうと…まるでモアナのことを愛おしく想っているかのように”海”が戯れるというもの。そして、モアナのかわいさと共に注目したいのは、海の美しさ。海をひとつのキャラクターとして描いた本作では、これまでに見たことのない海の存在が大きなポイントとなっており、その美しい映像に誰しも驚くことになるかもしれません 😀

「モアナ 映画」の画像検索結果

http://cinefil.tokyo/

世界中で愛されるディズニー・アニメーションの大きな魅力のひとつに、誰をも魅了する歴代ヒロインたちの美しい歌声が挙げられますよね。その歌声は、近年では『アナと雪の女王』でアナ (英語版:クリステン・ベル/日本版:神田沙也加)とエルサ(英語版:イディナ・メンゼル/日本版:松たか子)が記憶にあたらしいところ。その歌声に何度も癒されたり、勇気づけられたりしたものです。今回のモアナも相当な期待を受けて作られてるはずですので、早くその歌声を聞いてみたいですね。日本語版はどなたがやるのかも興味深いですね 😛

さて、次ページからはキャスト、メインスタッフをご紹介!主人公はアニメ同様、ハワイ出身の美しい女性です。

ページ: 1 2

2016-10-14

口コミ

  1. hirorin より:
    口コミ評価 5

    スティッチとはまた違ったハワイの良さを感じられる映画です。

口コミを投稿するには会員登録ログインが必要です。

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!