【北条早雲像 小田原駅】火牛の計で小田原城を奪取した姿の銅像!

北条早雲像 小田原駅

今回は、小田原駅西口のロータリーにある北条早雲像をご紹介します。

小田原城がある東口とは反対で、人通りの少ない西口にある銅像なので、是非、小田原駅に着いたら、忘れずにチェックしてみては。

スポンサードリンク

北条早雲像のご紹介

アクセス

北条早雲像 小田原駅

北条早雲像は、小田原駅西口のロータリーにあります。(すいません、こちらの写真は東口ですが・・・)

北条早雲像

北条早雲像 小田原駅

北条早雲像です。こちらの銅像は高さ5.7m、重さ7トンの日本最大級の銅像です。

銅像を見ると、北条早雲の他に、牛も一緒にいますので、チェックしてみては。

これは、北条早雲が小田原城を奪取する際に、たいまつを付けた牛を連れていき、大軍の紀州と見せかけた『火牛の計』をモチーフとしていることに由来します。

北条早雲とは

北条早雲像 小田原駅

北条早雲公は、戦国時代に、相模、武蔵、上総、下総、安房、常陸、上野、下野の関八州の他、伊豆、駿河に勢威を及ぼした小田原北条五代の祖である。

北条記によれば、明応四年(1495年)、伊豆韮山から箱根を越え、小田原に進出した時、牛の角にたいまつを結んで大軍の夜襲に見せかけた、いわゆる『火牛の計』の戦法を用いて、大森氏を打ち破ったという。その後、小田原は、96年にわたり、小田原市の城下町として繁盛し、東国一の都市として発展した。

二宮尊徳像

二宮尊徳像(小田原駅)

小田原駅の銅像と言えば、北条早雲像が有名ですが、実は、もう一つの像が置かれています。

小田原の偉人で、小田原場内に報徳二宮神社で祀られている二宮尊徳像があります。最近は、あまりに見なくなった薪を背負いながら、読書している二宮尊徳の銅像ですよ。

インスタグラムの写真

☆ 駅前探訪シリーズ 小田原駅 ☆ 北条早雲☁️ 「最初の戦国大名」 と言われていて 戦国時代を開いた人物でも あります✨ 早雲が生きている時は 伊勢宗瑞(いせ そうずい) と名乗り 呼ばれていました 鎌倉時代の 北条政子や北条時宗とは まったく関係無いです ☆ 牛がいっぱいなのは おそらく 早雲の得意戦法 「火牛の計」 (牛の角に 松明を括り付けて 敵陣の中を暴走させる 戦法をいいます) が 小田原城 攻略に使われたからと 推測します #小田原駅 #小田原駅前 #小田原駅西口 #戦国時代 #戦国武将 #伊勢宗瑞 #北条早雲 #北条早雲像 #火牛の計

Kouichi Akiyamaさん(@kouichiakiyama)がシェアした投稿 –

施設概要

施設名

北条早雲像

住所 神奈川県小田原市城山1-1-1

料金

無料

公式サイト
参照サイトhttp://www.city.odawara.kanagawa.jp/kanko/odawaracastle/history/hojo-godai/
Instagramhttps://www.instagram.com/explore/locations/579790566/
アクセス小田原駅西口より、徒歩0分
スポンサードリンク

Googleマップで開く

※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

口コミを投稿するには会員登録ログインが必要です。

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!