【坂口合同ビル 米子近代建築】坂口財閥旧本社で、隣では昭和天皇もご宿泊!

【坂口合同ビル 米子近代建築】坂口財閥旧本社で、隣では昭和天皇もご宿泊!

坂口合同ビル(米子市近代建築)

今回は、米子市を散歩して見つけた近代建築『坂口合同ビル』をご紹介します。

銀行の支店のようなイオニア式の柱が立派な近代建築で、隣の和風の坂口家住宅には、終戦後に昭和天皇陛下が全国行幸した際に、ご宿泊されたとのことでした。

なお、一般公開はされていないので、中に入ることは出来ません。

スポンサードリンク

坂口合同ビルのご紹介

坂口合同ビル(米子市近代建築)

坂口合同ビルは、旧米子市庁舎の山陰歴史館から歩いて5分ほどの場所にあります。

細い通りには、他にも近代建築の為の建物があったりして、建物好きな方にはオススメの散歩道ですよ。

坂口合同ビル(米子市近代建築)

中には入ることができませんが、イオニア式の柱が立派な近代建築で、現在は、坂口合同会社の建物となっているようです。

なお、こちらの建物は、昭和6年、吉田善次郎の設計で建てられたとのことです。県民の建物100選にも選ばれている建物です。

坂口合同ビル(米子市近代建築)

隣には、和風の屋敷がありますが、こちらの建物は、終戦後、昭和天皇陛下が全国行幸した際に、宿泊されたとの由緒ある建物とのことです。

施設概要

施設名

坂口合同ビル

住所 鳥取県米子市尾高町66

参照サイトhttps://ameblo.jp/sanin-department-store/entry-11476881211.html
駐車場なし
スポンサードリンク

Googleマップで開く

※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

口コミに、ご協力お願いします♪
未会員の方は、会員登録へ(30秒)!
会員の方は、ログインへ!

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!