【多摩川浅間神社】安産や子宝にご利益。御朱印情報も紹介。

多摩川浅間神社

今回は、東京都大田区多摩川にある神社『多摩川浅間神社』をご紹介します。家庭円満や安産や子安などのご利益があると言われています。

また、多摩川沿いの丘の上にある神社で、富士山や多摩川や武蔵小杉などの景色を眺められます。

境内の写真や御朱印情報などをご紹介します。

スポンサードリンク

多摩川浅間神社の御紹介

アクセス

多摩川浅間神社

多摩川浅間神社は、東急線多摩川駅から徒歩3分ほどの場所にあります。

神社自体は、丘の上にあり、階段で登っていきます。

手水舎

多摩川浅間神社

こちらの手水舎で、手と口を清めてから、参拝しましょう。

社殿

多摩川浅間神社

社殿は、昭和48年に作られた浅間造りとのことで、御祭神は木花咲耶姫命となっており、家庭円満や子安や安産などのご利益があると言われています。

神楽殿

多摩川浅間神社

例大祭などで、神楽が行われる場所です。

多摩川の眺め

多摩川浅間神社

境内の脇に、景色を眺められるスペースがあります。天気が良い日は、遠くの富士山まで見えるようです。

境内社

多摩川浅間神社

小御岳神社、稲荷神社、三峯神社、阿夫利神社が境内社として祀られているようです。

御神木

多摩川浅間神社

境内には銀杏の木が2本あり、御神木となっているそうです、

絵馬&おみくじ

多摩川浅間神社

絵馬やおみくじが祀られています。

御朱印

御朱印は社務所で頂け、初穂料は500円となっています。

子産石(子宝石)

多摩川浅間神社

境内には、子安石と呼ばれる丸い石が置かれています。

多摩川浅間神社

子産石(子宝石)は、清らかな海の岩により長い歳月を経て生まれた石です。子産石を両手でやさしく撫で、子宝に恵まれるように祈れば、子宝に恵まれると言い伝えられています。

当神社の御祭神であります木花咲姫命は炎のなかで出産したと言われており、『火防の神』、『子宝の神』、『安産の神』、『子育ての神』として信仰されています。

せけくらべ

多摩川浅間神社

こどもの身長が図れるように、石碑が身長計になっていますよ。こちらで写真を撮ってみては。

小御岳石尊

多摩川浅間神社

階段を上って境内に向かう途中に、小御岳石碑と書かれた碑があります。

食行見録乃碑

多摩川浅間神社

境内の直前には、勝海舟直筆の碑があります。食行見録とは、浅間信仰の団体の富士講の中興の祖とのことです。

開運水晶

多摩川浅間神社

祈願する方の干支を霊峰富士に合わせて遥拝してくださいと書かれています。

大祓詞

一の鳥居の前に、大祓詞があります。こちらを回すことで、罪や穢れをお清めできるとのことです。

 

次のページでは、インスタグラムの写真をご紹介します。

ページ: 1 2

2017-10-19

施設概要

施設名

多摩川浅間神社

住所 東京都大田区田園調布1-55-12

電話番号

03-3721-4050

公式サイト
Instagramhttps://www.instagram.com/explore/locations/236630951
アクセス多摩川駅より、徒歩2分
駐車場参拝者用駐車場有
スポンサードリンク

Googleマップで開く

※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

口コミを投稿するには会員登録ログインが必要です。

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!