【大塚公園】ラジオ体操発祥の公園で、レトロな遊具で遊べる!

大塚公園

今回は、文京区大塚にある公園『大塚公園』をご紹介します。

昭和3年に作られた公園で、ラジオ体操発祥の地となっています。滑り台やブランコなどの定番遊具で遊べるほか、春の時期には桜の花見も楽しめます。

スポンサードリンク

大塚公園のご紹介

アクセス&案内図

大塚公園

大塚公園は、新大塚駅から徒歩3分くらいの場所にあります。中央に広々とした自由広場があり、遊具で遊べる『遊びの広場』や『ちびっこ広場』もありますよ。

自由広場

大塚公園

公園の中央には、広々とした自由広場があります。周囲には、桜の木などの木々が茂っていて、木陰ができて気持ち良いですよ。

大塚公園

多目的広場の端には、屋外ステージもありますよ。

遊具

大塚公園にはあたしい遊具はありませんが、滑り台やブランコや鉄棒やお砂場などの定番遊具で遊べますよ。

滑り台

大塚公園

公園の入口の階段の両側に滑り台が付いている珍しい造りをしています。年季が入っていて、レトロな雰囲気を醸し出していますよ。

ブランコ

大塚公園

ブランコは、2人用となっています。

鉄棒

大塚公園

滑り台の横には、鉄棒もあります。

複合遊具

大塚公園

丸太で出来た小さな滑り台もありますよ。丸太の吊り橋もあります。

お砂場

大塚公園

小さなお砂場もありますよ。

健康器具

大塚公園

子供向けの遊具だけなく、大人のエクササイズ用の健康器具も置かれています。

大噴水

大塚公園

円形の大きな噴水があります。ただ、こちらの噴水は観賞用で、じゃぶじゃぶ池として水遊びをすることはできません。

露壇(テラス)

大塚公園

公園内には、イタリア・ルネサンス式庭園のテラスがあります。

大塚公園

昭和3年に作られたとのことで、平成元年に補修されて、現在の姿となっているそうです。

大塚公園

ラジオ体操発祥の地

大塚公園

夏休みには、各地でラジオ体操が行われますが、大塚公園がラジオ体操の発祥の地だそうで、看板が掲げられています。

年中無休で、朝6時半にラジオ体操を実施しているそうです。

住好稲荷社

大塚公園

公園内には、住好稲荷神社があり、赤い鳥居があります。

大塚公園

鳥居をくぐると、小さな祠がありますよ。

大塚公園

こちらの神社は、元々、松平家の下屋敷邸内として鎮座していたもので、渋沢栄一が市長の際に、市の所有となり、戦後は文京区の管理となったそうです。

大塚子育地蔵尊

大塚公園

園内には、大塚地蔵尊があります。

庚申塔は、江戸時代に流行した民間信仰とのことで、元々、大塚の道端に置かれてそうですが、第二次世界大戦の戦火で被災し、大塚公園に移されたそうです。

開運や子育てのご利益があるそうです。

インスタグラム

大塚公園すべり台 石造りのすべり台は珍しくて、子供の頃からあった。 #公園 #大塚公園

Kazunoriさん(@kazunori19720505)がシェアした投稿 –

紅葉も残ってました。 #大塚公園 #紅葉

外園健彦さん(@takehiko__hokazono)がシェアした投稿 –

絵みたい😍😍😍 #春 #気持ちいい

顧理慧 Lihui Guさん(@glh_73)がシェアした投稿 –

2017-11-07

施設概要

施設名

大塚公園

住所 東京都文京区大塚4-49

公式サイト
Instagramhttps://www.instagram.com/explore/locations/126359/
アクセス新大塚駅より、徒歩3分
駐車場なし
スポンサードリンク

Googleマップで開く

※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

口コミを投稿するには会員登録ログインが必要です。

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!