【大宮八幡宮 御朱印】和田堀公園に隣接し、『東京のへそ』と呼ばれる神社!

大宮八幡宮

今回は、杉並区大宮にある神社『大宮八幡宮』をご紹介します。

和田堀公園に隣接している神社で、広さ15,000坪を誇る広々として緑豊かな神社です。東京の重心の中心に位置することから『東京のへそ』と言われ、安産や子育てや厄除けにご利益があるとして人気の神社です。

もちろん、御朱印も頂くことができます。

スポンサードリンク

大宮八幡宮のご紹介

アクセス&案内図

境内案内図

大宮八幡宮は、和田堀公園の隣に位置しており、井の頭線の西永福町駅から徒歩7分、永福町駅から徒歩10分となっています。

一の鳥居

大宮八幡宮

一の鳥居は、高さ8m、直径90cmと巨大な造りになっており、一の鳥居の先には、約250mの参道が続いています。

また、参道には、桜の木が植えられているので、春の時期にはお花見が楽しめますよ。

二の鳥居

大宮八幡宮

一の鳥居の先には、二の鳥居もあります。

手水舎

大宮八幡宮

手水舎で、手と口を清めてから参拝しましょう。

神門

大宮八幡宮

山門の両側には夫婦銀杏があり、手前には百度石もありますよ。

拝殿

大宮八幡宮

拝殿は、昭和40年に再建された総檜造りとなっています。

御祭神は、応神天皇(第15代の天皇)、仲哀天皇(応神天皇の父君)、神功皇后(応神天皇の母君)の三柱で、大宮八幡宮は安産や子育てや家庭円満や厄除けなどにご利益があると言われています。

御朱印

大宮八幡宮

社務所では、御朱印やお守りを頂くことができます。

 

御朱印は、初穂料300円を納めて、いただきました。

絵馬

大宮八幡宮

安産祈願の絵馬がたくさん奉納されていますよ。

由緒

平安時代に、奥州に乱(前九年の役)が起き、この乱を鎮めよとの勅命をうけた源頼義公の軍がこの大宮の地にさしかかると、大空には白雲が八条にたなびいて、あたかも源氏の白旗がひるがえるような光景となりました源頼義公は戦勝を祈願し、京都の石清水八幡宮より御分霊を勧請し、大宮八幡宮を創建したとのことです。

また、徳川家康公も江戸開府にあたり、大宮八幡宮にも参詣し、以降、徳川家の歴代将軍の崇敬を受けたとのことです。

 

次のページでは、境内末社や御神木などの境内をご紹介します。

ページ: 1 2

施設概要

施設名

大宮八幡宮

住所 東京都杉並区大宮2-3-1

電話番号

03-3311-0105

公式サイト
Instagramhttps://www.instagram.com/explore/locations/94126/
アクセス西永福町駅より、徒歩7分
永福町駅より、徒歩10分
駐車場有料駐車場有
スポンサードリンク

Googleマップで開く

※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

口コミに、ご協力お願いします♪
未会員の方は、会員登録へ(30秒)!
会員の方は、ログインへ!

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!