【奥日立きららの里】日本一長い滑り台(わくわくスライダー)に乗ろう!

奥日光きららの里(日本一長い滑り台)

今回は、茨城県日立市にある公園『奥日光きららの里』をご紹介します。こちらは、東京ドーム10個分の広さを誇っていて、長さ877mという日本一長い滑り台を楽しめる人気スポットですよ。

また、滑り台だけでなく、ふれあい牧場や、アスレチックや、キャンプ&BBQも楽しめて、1日中楽しめる公園ですよ。ちょっとした日帰り旅行や1泊旅行にオススメです。

奥日光きららの里へ

奥日光きららの里(日本一長い滑り台)

常磐道の日立中央ICで降りて、10分ほどで到着します。通常は、入場料金が必要ですが、オフシーズンだったためか、期間限定で入場料無料となっていました。公園は、東京ドーム10個分の広さがあるので、目的地の近い駐車場にクルマを停めて遊ぶことをオススメします。まずは、わくわくスライダーの側にある第三駐車場がオススメですよ。

案内図

奥日光きららの里(日本一長い滑り台)

わくわくスライダー

奥日光きららの里(日本一長い滑り台)

日本一長いローラー滑り台かと勘違いしていましたが、ソリの上に乗って滑るタイプのスライダーでした。下りが877mと日本一長いスライダーとのことです。こちらのソリにのって、ハンドルを上下させて、ソリのスピードをコントロールしながら、滑り台を楽しみます。

奥日光きららの里(日本一長い滑り台)

注意事項が記載されています。利用可能なのは、4歳以上となっていて、3歳以下は親と一緒でも乗れないのでご注意を。4歳から小学2年生までは大人と一緒に乗ることが必須となっています。

奥日光きららの里(日本一長い滑り台)

こちらがスライダーの入り口です。10月の週末にきましたが、ガラガラでした。ただ、下のインスタグラムのように、夏の時期は大混雑するようです。まずは、子供と一緒にソリに乗って、ブレーキの使い方を練習します・

奥日光きららの里(日本一長い滑り台)

こちらがコースです。ドラム缶を半分に切ったようなコースになっていて、電車のように定期的にガタゴト揺れて、楽しいですよ。ブレーキをかけないと結構スリル満点で、爽快感がありますよ。

奥日光きららの里(日本一長い滑り台)

こちらのコースの嬉しい点が、ソリと一緒に上まで登れるリフトが用意されています。こちらに乗ってしまうと、2~3分ほどでスタート地点まで戻れますよ。

インスタグラムの写真

 

スライダー行列。 #奥日立きららの里 Yuji Katamiさん(@monji_chari)が投稿した写真 –

 

次のページでは、滑り台以外のアトラクションをご紹介します。

ページ: 1 2

施設概要

施設名

奥日立きららの里

住所 茨城県 日立市 入四間町863-1

電話番号

0294-24-2424

営業時間<3/16~11/15>
・9:00~17:00

<11/16~3/15>
・9:00~16:00
(入場できるのは、閉園の1時間前まで)
定休日・毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)
※春休み・GW・7~8月は無休
・年末年始(12/29~1/3)
料金

<入場料>
・大人:320円(260円)
・子供:100円(80円)
※カッコはJAFカードなど割引料金。
※未就学児・65歳以上は無料

<わくわくスライダー>
・大人:520円(1,250円)
・子供:320円(730円)
※カッコは、3回券
※4歳~小学2年生は無料

<ロードトレイン>
・100円/回

公式サイト
アクセス<電車&バス>
・JR常磐線『日立駅』中央口のロータリーより、東河内(ひがしごうど)行き(1番乗り場)の日立電鉄バスに乗車にて、『きららの里前』下車 ( 約 30分 )
駐車場無料
スポンサードリンク
3 1 5

Googleマップで開く

※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

口コミ

  1. Ken より:

    一緒に行った人:子供と一緒 (年中・年長)

    口コミ評価 3

    ネットで日本一長い滑り台を検索していたら、こちらの公園を発見し、さっそく、行くことに。ローラー滑り台ではなかったですが、ソリに乗って滑るので、ボブスレーを楽しんでいるような気持ちになれます。他にも、遊具があったり、広々とした芝生広場があったりと、子供が楽しめる公園だと思います。次は、夏の時期に、キャンプをしてみたいと思いました。

口コミを投稿するには会員登録ログインが必要です。

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!