【小泉八雲記念公園】小泉八雲の終焉の地の大久保に作られた記念公園!

【小泉八雲記念公園】小泉八雲の終焉の地の大久保に作られた記念公園!

今回は、新宿区大久保にある公園『小泉八雲記念公園』をご紹介します。

小泉八雲とは、ギリシャ出身で、明治時代に日本人と結婚し、日本に帰化し、日本の怪談話を海外に紹介するなど、日本研究や小説家として知られています。

大久保の地で亡くなったとのことから、大久保の地にギリシャ風の庭園を作り、小泉八雲記念公園としてオープンしました。

なお、滑り台などの遊具はないので、子供と一緒に遊ぶのは厳しいと思います。

スポンサードリンク

小泉八雲記念公園のご紹介

アクセス

小泉八雲記念公園

小泉八雲記念公園は、東新宿駅や新大久保駅から歩いて行ける場所にあり、ギリシャ風の雰囲気が漂う公園になっています。

元々、小泉八雲が住んでいた住居跡だと思っていましたが、ここに小泉八雲記念公園住んでいたわけでなく、平成5年にオープンした比較的新しい公園とのことでした。

ギリシャ風の石柱

小泉八雲記念公園

ギリシャ風の石柱などが置かれており、韓国関連のお店が多い大久保の街中で、独特な雰囲気を醸し出しています。

ギリシャ風庭園

小泉八雲記念公園

花が飾られている庭園があります。

小泉八雲像

小泉八雲記念公園

庭園には、小泉八雲の銅像もありますよ。

小泉八雲とは

小泉八雲記念公園

ギリシャのレフカダに生まれた小泉八雲は、明治13年に来日し、明治29年から亡くなるまで新宿で暮らしていました。

八雲は失われつつあった、古き良き時代の日本の風俗を広く世界に紹介しました。

『知られざる日本の面影』から始まる八雲の日本への研究は、『骨董』『怪談』、そして、日本研究の集大成ともいえる『日本・一つの解釈』まで多くの著書として発表されました。

自らの体験に基づいて書かれる八雲の作品には、現在でも高い評価が寄せられています。

また、八雲は教育者としても多くの人々に影響を与えました。東京帝国大学文科大学や早稲田大学では、のちに文芸界で活躍する多くの人々が、その教えを受けています。

インスタグラム

#日本#大久保#小泉八雲公園#小泉八雲#公園#発見#学校#道中#憩い#オブジェ

壽壽さん(@showshow4649)がシェアした投稿 –

施設概要

施設名

小泉八雲記念公園

住所 東京都新宿区大久保1-7

営業時間 4~9月 8:00~18:00
10~3月 8:00~17:00
料金

無料

公式サイト
Instagramhttps://www.instagram.com/explore/locations/1252458/
アクセス東新宿駅より、徒歩7分
新大久保駅より、徒歩8分
駐車場なし
スポンサードリンク

Googleマップで開く

※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

口コミに、ご協力お願いします♪
未会員の方は、会員登録へ(30秒)!
会員の方は、ログインへ!

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!