【工作船資料館 海上保安資料館 横浜】北朝鮮の工作船が無料展示!

【工作船資料館 海上保安資料館 横浜】北朝鮮の工作船が無料展示!

海上保安資料館の『工作船資料館』

今回は、横浜みなとみらいにある海上保安資料館の『工作船資料館』をご紹介します。

海上保安庁の無料展示施設で、2001年に発生した九州南西海域工作船事件で自沈した北朝鮮工作船を海中から回収した物を展示してあります。

スポンサードリンク

工作船資料館のご紹介

アクセス

海上保安資料館の『工作船資料館』

工作船資料館は、横浜みなとみらいの赤レンガ倉庫の近くにあります。

海上保安庁の船が係留されている港場にあり、工作船資料館という文字の建物があります。

工作船資料館は入場料無料で、オープン時間は10時~17時となっています。

展示物

海上保安資料館の『工作船資料館』

室内には、北朝鮮工作船が展示されています。工作船資料館という名前を聞いても何の資料館か理解できずにとりあえず入ったのですが、北朝鮮の工作船が展示されています。

こちらの北朝鮮の工作船は、2001年に発生した九州南西海域工作船事件の船舶で、海上保安庁の停船命令を無視し、警告射撃を行いましたが、工作船は停船せずに、逆に、海上保安庁の船に機関銃やロケットランチャーなどで反撃したのち、最終的には、自爆して沈没しました。

沈没した船を2002年に回収されたとのことで、現在、横浜に展示されています。

弾痕

海上保安資料館の『工作船資料館』

工作船には、警告射撃の際に出来た弾痕も残っていて、とてもリアルですよ。

小型船

海上保安資料館の『工作船資料館』

工作船の後ろは、開閉するようになっており、小型船やボートも積み込まれています。

工作船の武器

海上保安資料館の『工作船資料館』

また、機関銃やロケットランチャーなどの武器も展示されていますよ。

海上保安庁の船舶

海上保安資料館の『工作船資料館』

資料館の隣には、海上保安庁の船舶が停まっていました。

インスタグラム

施設概要

施設名

工作船資料館(海上保安資料館)

住所 神奈川県横浜市中区新港1-2-1

電話番号

045-662-1185

営業時間10:00~17:00
(最終入館16:30)
定休日月曜日
年末年始
料金

無料

公式サイト
Instagramhttps://www.instagram.com/explore/locations/413111071/japan-coast-guard-museum-yokohama/
アクセスみなとみらい線「馬車道駅」または「日本大通り駅」より、徒歩8分
JR・市営地下鉄「桜木町駅」より、徒歩17分
駐車場なし
スポンサードリンク

Googleマップで開く

※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

口コミ

  1. リアルな北朝鮮の工作船を見られる!

    口コミ評価 3.5

    :子供と一緒 (小学生低学年)

    :2018年3月

    赤レンガ倉庫の隣に、海上保安庁の資料館があるのは知っていましたが、まさか北朝鮮の工作船がそのまま展示されているとは思いませんでした。最近、北朝鮮の不審船が多く侵入していることもあり、工作船がどのようなものなのかをリアルに知ることができますよ。入場料も無料なので、赤レンガ倉庫に行った際には、一緒に立ち寄ってみては。

口コミに、ご協力お願いします♪
未会員の方は、会員登録へ(30秒)!
会員の方は、ログインへ!

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!