【新宿十二社 熊野神社】境内&ご利益&御朱印をご紹介!

【新宿十二社 熊野神社】境内&ご利益&御朱印をご紹介!

新宿十二社熊野神社

今回は、西新宿の新宿中央公園の隣にある神社『新宿十二社 熊野神社』をご紹介します。

日本サッカー代表のデザインで有名な八咫烏(ヤタガラス)のお守りや絵馬があり、商売繫昌や除災招福などのご利益があると言われています。

また、6月には夏の大祓、9月には御神輿が練り歩くお祭り、11月には酉の市が開かれます。

スポンサードリンク

新宿十二社 熊野神社のご紹介

鳥居

新宿十二社熊野神社

新宿十二社 熊野神社は、新宿駅西口から徒歩12分ほどの場所にあります。新宿中央公園とつながっているので、公園を散策した後に、熊野神社を参拝してみては。

手水舎

新宿十二社熊野神社

手水舎で手と口を清めてから参拝しましょう。

狛犬

新宿十二社熊野神社

本殿の前にいる狛犬です。

なお、境内社の大鳥三社にある狛犬は、腹の下がくりぬかれていない珍しい狛犬で、1727年に寄進されたものだそうです。

神輿蔵

新宿十二社熊野神社

9月に行われる例大祭(お祭り)で担がれる神輿が保管されている神輿蔵です。

新宿十二社熊野神社

宮神輿は、1928年に作られたものとのことです。

神楽殿

新宿十二社熊野神社

お祭りの時などに、神楽などが披露される神楽殿です。

11月に行ったのですが、神楽殿の後ろには、立派な銀杏の木が紅葉していて、綺麗でした。

社殿

新宿十二社熊野神社

由緒

十二社熊野神社は、室町時代の応永年間(1394~1428年)に、中野長者と呼ばれた鈴木九郎が、故郷である紀州熊野三山より十二所権現をうつし祀ったものと伝えられ熊野十二所権現と呼ばれていました。

江戸時代には、幕府による社殿の整備や修復も何回も行われ、八代将軍吉宗の時には、鷹狩の機会に参拝するようになり、滝や池を擁した周辺の風致は、永洞西郊の景勝地として賑わい、文人墨客も多数訪れたそうです。

明治維新後は、現在の櫛御気野神(くしみけのかみ)と伊邪奈美神(いざなみのかみ)を御祭神とし、十二社熊野神社と改称いたしました。

御朱印

新宿十二社熊野神社

社務所にて初穂料300円を払い、御朱印を頂きました。

新宿十二社熊野神社

御朱印ではないですが、無料で押せるスタンプもありますよ。

絵馬

新宿十二社熊野神社

新宿十二社熊野神社の絵馬は、足が三本ある八咫烏(やたがらす)が描かれています。

新宿十二社熊野神社

社殿の隣には、絵馬を掛ける場所がありますよ。

お守り

新宿十二社熊野神社

お守りも購入することができます。新宿十二社熊野神社のご利益は、商売繁盛、安全祈願、厄祓、除災招福、家内安全、交通安全、病気平癒などがあるそうです。

大鳥三社

新宿十二社熊野神社

酉の市で有名な大鳥神社もあります。11月には、酉の市が開かれますよ。

また、写真ではわかりにくいかもしれませんが、狛犬のお腹の下が掘られていない珍しい形をしています。

稲荷神社

新宿十二社熊野神社

神のお使いのキツネで有名な稲荷神社もあります。

弁天社

新宿十二社熊野神社

池の先には、小さな祠があり、芸能などにご利益があると言われている弁天社もあります。

十二社の碑

新宿十二社熊野神社

奥にある石碑は、十二社の碑で、1851年に、ここ十二社の地が、池や滝を擁した江戸西郊の景勝地であることを記した記念碑で、新宿区指定史碑となっています。

なお、池の周りには、茶屋や料亭が並ぶ景勝地だったそうですが、昭和43年に埋め立てられてそうです。

新宿十二社熊野神社

大田南畝の水鉢

新宿十二社熊野神社

江戸後期の狂言師として有名な大田南畝の書による碑文が刻まれているそうです。

新宿十二社熊野神社

 

次のページでは、インスタグラムをご紹介します。

ページ: 1 2

施設概要

施設名

新宿熊野神社

住所 東京都新宿区西新宿2-11-2

電話番号

03-3343-5521

公式サイト
Instagramhttps://www.instagram.com/explore/locations/238565998
アクセス新宿駅西口より、徒歩12分
都庁前駅より、徒歩4分
スポンサードリンク

Googleマップで開く

※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

口コミに、ご協力お願いします♪
未会員の方は、会員登録へ(30秒)!
会員の方は、ログインへ!

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!