【旧因州池田屋敷表門黒門 上野恩賜公園】重要文化財指定の大名屋敷の表門!

【旧因州池田屋敷表門黒門 上野恩賜公園】重要文化財指定の大名屋敷の表門!

旧因州池田屋敷表門

今回は、上野恩賜公園にある大名屋敷の表門『旧因州池田屋敷表門(黒門)』をご紹介します。

国立博物館の屋外展示の一部で、昭和26年に国の重要文化財に指定された立派な門です。平日は閉鎖されていますが、土日祝日の10~16時まで開門されます。

スポンサードリンク

旧因州池田屋敷表門のご紹介

沿革

こちらの表門は、元々、丸の内三丁目(丸の内大名小路)に建てられていたが、明治25年、芝高輪台町の常宮御殿の表門として移築されました。

のちに、東宮御所とそして使用され、さらに、高松宮家に引き継がれます。

表門は、昭和29年3月に、現在の地に移転して、修理を加えられたものだそうです。

創建年代は明らかではないが、形式と手法から見て、江戸時代末期のものとのことです。屋根は入母屋造、門の左右に向唐派風造の番所を備えており、大名屋敷表門として最も格式が高い。昭和26年9月、重要文化財に指定されました。

インスタグラム

藝大の授業が終わった!花見に行こうー! #桜 #上野 #旧因州池田屋敷表門

光の戦士#003366さん(@suuuuuooooo)がシェアした投稿 –

施設概要

施設名

旧因州池田屋敷表門

住所 東京都台東区上野公園13−9

公式サイト
Instagramhttps://www.instagram.com/explore/locations/616569034
アクセス上野駅より、徒歩6分
スポンサードリンク

Googleマップで開く

※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

口コミに、ご協力お願いします♪
未会員の方は、会員登録へ(30秒)!
会員の方は、ログインへ!

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!