【旧横浜居留地48番館】横浜最古の近代建築の洋館!

旧横浜居留地48番館

今回は、横浜関内にある近代建築『旧横浜居留地48番館』をご紹介します。現在は、建物の一部が保存されているだけですが、横浜市に現存する近代建築の中では最古の明治16年に作られており、神奈川県指定重要文化財に指定されています。

旧横浜居留地48番館のご紹介

アクセス

 

旧横浜居留地48番館地図

旧横浜居留地48番館は、開港広場の近くにあり、日本大通り駅より徒歩4分ほどの場所にあります。

小さな建物なので、見逃しやすいので、注意してくださいね。

歴史48番地

こちらの建物は、明治16年に煉瓦造で作られた横浜最古の洋風建築物で、平成13年に神奈川県指定重要文化財となりました。

創建から大正15年までモリソン商会の建物として用いられていた。関東大震災で、当初の2階建てが平屋になり、平面規模も6割に縮小されています。

石灰製の目的を持つフランス積で、設計尺度はメートル法が用いられています。北側主入口のアーチ上部に創建時と見なされるキーストーンが置かれています。

外観

旧横浜居留地48番館

オフィスビルの1階にある小さな建物です。他の横浜の近代建築は、立派なビルなので、ちょっとびっくりして、近づいていきます。

旧横浜居留地48番館

旧横浜居留地48番館は、中に入ることができない廃墟のような建物でした。こちらの入り口の上には、創建当時のキーストーンが見えます。

旧横浜居留地48番館

外から建物の中を見ることができます。中には、レンガの壁は見えますが、天井はなく、ガラスで補強されているのがわかります。

また、床には梁のようなものが置かれていますが、何かはよくわかりませんでした。

インスタグラムの写真

#中華街#横浜#旧横浜居留地48番館

@masala_chaiがシェアした投稿 –

 

#旧横浜居留地48番館#横浜 kumi_merryquiltersさん(@kumi_merryquilters)がシェアした投稿 –

2017-05-08

施設概要

施設名旧横浜居留地48番館
住所神奈川県横浜市中区山下町54
参照サイトhttp://hamarepo.com/story.php?page_no=1&story_id=4049
Instagramhttps://www.instagram.com/explore/tags/%E6%97%A7%E6%A8%AA%E6%B5%9C%E5%B1%85%E7%95%99%E5%9C%B048%E7%95%AA%E9%A4%A8/
アクセスみなとみらい線日本大通り駅より、徒歩4分
駐車場なし
※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

Googleマップで開く

口コミを投稿するには会員登録ログインが必要です。

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!