【東京おもちゃ美術館 四谷三丁目】木の玩具などで遊べる!

東京おもちゃ美術館

今回は、四谷三丁目にある東京おもちゃ美術館をご紹介します。

元々小学校だった校舎を利用しており、日本の木を使った遊具やレトロ遊具など、色んな種類の玩具を遊ぶことができますよ。

スポンサードリンク

東京おもちゃ美術館のご紹介

アクセス

東京おもちゃ美術館

東京おもちゃ美術館は、四谷三丁目駅から徒歩5分ほどの場所にあります。写真の通り、元々、小学校だった建物を再利用しています。

入場料

利用料は、大人800円、子供500円で、ペア券だと1,200円となっています。

また、平日パスポートも販売されていて、半年間平日利用可能で、大人2,500円、子供1,800円となっています。

案内図

東京おもちゃ美術館

小学校の1階~3階の教室跡を利用しており、全部で10個の部屋に分かれていて、テーマごとの玩具で遊ぶことができますよ。

おもちゃの森

東京おもちゃ美術館

国産の木を使った遊具で遊べる部屋になっており、ヒノキ20,000個を利用したボールプールなどで遊べますよ。

おもちゃ工房

東京おもちゃ美術館

オリジナルのおもちゃを作ることができる体験教室を開催しており、無料コースと有料コースがあります。

人数限定の先着順なので、玩具つくり体験をしたい人は、最初に整理券を受け取ることをオススメします。ちなみに、自分は4月に行ったので、オリジナル鯉のぼりつくり体験でした。

ゲームの部屋

東京おもちゃ美術館

ゲームの部屋という名前ですが、ボードゲームや知育ゲームなど、いろんな種類のアナログゲームにチャレンジできる部屋です。

座って遊べる場所もあるので、色んなゲームを体験してみては。なお、スマホゲームなどのデジタルゲームはありません。

おもちゃの町・赤

東京おもちゃ美術館

日本の昔の玩具や、流入の玩具などが展示されていたり、遊べる部屋になっています。

おもちゃの町・黄色

東京おもちゃ美術館

こちらの部屋も木を使った遊具が多く、おままごとや買い物遊びができるコーナーや、音が出る玩具で遊べたりしますよ。

あかちゃん木育ひろば

東京おもちゃ美術館

0~2歳までの赤ちゃんが遊べる専用の部屋になっています。

屋外遊具

東京おもちゃ美術館

元々、小学校にあった遊具なのか、外の広場では、コンクリートのレトロ遊具で遊ぶことができますよ。

廊下&建物

東京おもちゃ美術館

元々、昭和10年に作られた歴史的な建物とのことで、廊下の床に木が使われているなど、建物自体もレトロな雰囲気で素敵ですよ。

 

次のページでは、そのほかの部屋や詳細をご紹介します。

ページ: 1 2

施設概要

施設名

東京おもちゃ美術館

住所 東京都新宿区四ツ谷4-20

電話番号

03-5367-9601

営業時間10:00~16:00
定休日木曜日
料金

<入場料>
大人:800円
子供:500円
ペア券(大人+子供):1,200

<平日パスポート(6か月間)>
大人:2,500円
子供:1,800円
※新宿区民は200円割引

公式サイト
Instagramhttps://www.instagram.com/explore/locations/249018154/
アクセス四谷三丁目駅より、徒歩7分
曙橋駅より、徒歩8分
駐車場なし
スポンサードリンク

Googleマップで開く

※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

口コミ

  1. 木のぬくもりのある玩具で遊べる!

    口コミ評価 4

    :子供と一緒 (小学生低学年)

    :2018年4月

    子供の春休みの最後の日に出かけました。子供の知育に良さそうな玩具がたくさん揃っているので、安心して遊ぶことができますよ。特にゲームの部屋は、頭を使う玩具がたくさんあるので、息子は色んな種類にチャレンジしていました。雨の日のお出かけ場所に特にオススメだと思います。

  2. お近くの方はパスポート利用を

    口コミ評価 4
    昔有吉の正直さんぽで紹介されており、気になっていたので行ってみました。私が行った時にはボランティア?の方がいて、遊びを教えていました。小さいお子さんがいる方は平日パスポートを買うとかなり便利かと思いますが、平日しか使えないのが難点?有料のちょっと豪華な児童館と図書館が合体したような形なので、雨が降っても遊べて近くにあったら便利だと思います。

口コミに、ご協力お願いします♪
未会員の方は、会員登録へ(30秒)!
会員の方は、ログインへ!

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!