【梅開湯 本千葉 銭湯】大正時代に建てられたレトロ銭湯に入れる!

梅開湯(本千葉銭湯)

今回は、千葉市中央区にある銭湯『梅開湯』をご紹介します。大正時代に作られたレトロな建物で、富士山などのペンキ絵が描かれている昔ながらの素朴な銭湯ですよ。お風呂は、サウナや水風呂はなく、お風呂があるだけとなっています。

スポンサードリンク

梅開湯のご紹介

アクセス

梅開湯(本千葉銭湯)

梅開湯は、千葉市の寒川神社前の旧道沿いにある銭湯で、本千葉駅から徒歩10分ほどの場所にあります。

寒川旧道沿いには、銭湯が密集しているエリアで、近くに大和湯や石の湯などの銭湯もあります。

ちなみに、銭湯の主人にお伺いすると、昔は漁村だったので、海から上がった漁師さんが、銭湯で体を温めたことから、このエリアに銭湯がたくさん作られたとのことでした。

梅開湯は、大正頃に作られた建物を使っているとのことで、レトロ銭湯の中でも、かなり古い銭湯です。

入口

梅開湯(本千葉銭湯)

銭湯は、昔ながらの番台スタイルで、男湯と女湯で入り口が分かれています。

脱衣場

梅開湯(本千葉銭湯)

脱衣場は、あまり広くはないですが、天井が高くて、格子模様の格天井となっています。

お風呂場

梅開湯(本千葉銭湯)

お風呂場は、女湯が富士山のペンキ絵で、男湯は岩手県北山崎の風景が描かれています。

建物が大正時代に作られたとのことで、奥行きがそれほど広くなく、お風呂場自体はあまり広くはありません。

お風呂

梅開湯(本千葉銭湯)

お風呂は2つに分かれています。温度は41度くらいで、入りやすかったです。

梅開湯(本千葉銭湯)

手前のお風呂には、ジェット風呂が付いていますよ。

インスタグラムのご紹介

銭湯入り口。#のれん #銭湯 #梅開湯 #千葉市中央区 #publicbath

mg.suisuiさん(@mg.suisui)がシェアした投稿 –

2017-11-05 2017-11-06

施設概要

施設名

梅開湯

住所 千葉県千葉市中央区寒川町3-17

電話番号

043-261-6093

営業時間15:00~23:00
定休日第2・第4木曜日
料金

大人:430円
小学生:170円
未就学児:70円

公式サイト
Instagramhttps://www.instagram.com/explore/tags/%E6%A2%85%E9%96%8B%E6%B9%AF/
アクセス本千葉駅より、徒歩10分
駐車場4台
スポンサードリンク

Googleマップで開く

※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

口コミを投稿するには会員登録ログインが必要です。

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!