【永福稲荷神社】商売繁昌などのご利益がある稲荷神社!

【永福稲荷神社】商売繁昌などのご利益がある稲荷神社!

永福稲荷神社

今回は、杉並区永福町にある神社『永福稲荷神社』をご紹介します。

元々、隣の永福寺の境内にあった稲荷神社で、明治維新後に神仏分離により、永福寺から分離したそうです。

節分や、夏の大祓や、お祭りなどの行事も行われるそうです。なお、御朱印はいただけません。

スポンサードリンク

永福稲荷神社のご紹介

アクセス

永福稲荷神社

永福稲荷神社は、永福町駅から徒歩8分くらいの場所なります。元々、永福字と一緒だったそうですが、明治維新の神仏分離により、永福寺から分離したそうです。

赤い鳥居

永福稲荷神社

赤い鳥居の先に、社殿があります。

キツネ

永福稲荷神社

稲荷神社なので、狛犬ではなく、神のお使いのキツネが一対になっています。

社殿

永福稲荷神社

永福稲荷神社の御祭神は、宇迦之御魂大神(うかのみたまおおかみ)とのことです。

社殿の横には、御神木もあります。

絵馬

永福稲荷神社

『叶』と書かれた絵馬が奉納されていました。

境内社

永福稲荷神社

境内社として、白鳥社と天王社と白山社もあります。

永福稲荷神社

学問の神様の藤原道真公を祀っている天神社もあります。

由緒

『新編成武蔵風土記稿』多摩郡永福寺村の条に、稲荷神社(永福寺境内)と記載があり、『上屋二間二一間半、内ニ小祠ヲ置、拝殿三間二二間、社前ニ鳥居ヲ立、村内ノ鎮守ナリ』と紹介されている旧永福村の鎮守で、御祭神は『宇迦之御魂大神』です。

社伝によれば、享禄3年(1530年)に、叡福寺の開山秀天和尚が、永福字境内の鎮守として、京都伏見稲荷大社より、宇迦之御魂大神を勧請創建し、寛永16年(1639年)の検地の際に、永福寺村持ちの鎮守になったと言われています。

明治維新後、永福寺から分離し一社となり、今日に至っています。

インスタグラム

今日は氏神様が吉方だったので御参りへ…#永福稲荷神社#茅の輪くぐり#会議長引き午前中にお参り出来ず…

ゆかぴょんさん(@yukapyon15638)がシェアした投稿 –

#永福稲荷神社 こちらも途中立ち寄った稲荷社。 大きな境内で #天王社 #白山社 #白鳥社 #天神社 のお社もあって、社務所も味わいのある良い神社だったんですが、御朱印は授与してない旨が窓に貼ってありました😓 ______ ここは享禄3年(1530年)に #永福寺 の #開山秀天和尚 が永福寺境内の鎮守として #伊勢外宮 より #豊受大神 を勧請したもの。 明治維新後、永福寺から分離して今の形に至る。 西向きになっているのは、町全体を守るようの西向きに立て直したんだそうです。 主祭神は #宇迦之御魂 #東京都 #杉並区 #永福 #稲荷 #神社

御朱印キャプターがくさん(@gakunya)がシェアした投稿 –

施設概要

施設名

永福稲荷神社

住所 東京都杉並区永福1-24-6

電話番号

03-3321-3848

参照サイトhttp://www.eifukucyo.com/inari.htm
Instagramhttps://www.instagram.com/explore/locations/6918002/
アクセス永福町駅より、徒歩8分
駐車場なし
スポンサードリンク

Googleマップで開く

※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

口コミに、ご協力お願いします♪
未会員の方は、会員登録へ(30秒)!
会員の方は、ログインへ!

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!