【湯前神社 熱海大湯】手水舎が温泉で、温泉の神様を祀っている神社!

【湯前神社 熱海大湯】手水舎が温泉で、温泉の神様を祀っている神社!

湯前神社(熱海温泉)

今回は、熱海温泉にある湯前神社をご紹介します。

温泉の神様として知られる小彦名神を祀っており、熱海温泉とゆかりの深い神社です。

境内には、熱海七湯の一つである大湯が流れており、近くには、大湯が噴き出す間欠泉や、大湯に入れる日航亭などがありますよ。

スポンサードリンク

湯前神社のご紹介

アクセス

湯前神社(熱海温泉)

湯前神社は、熱海駅から徒歩12分ほどの場所にあります。近くには、熱海七湯の一つである大湯間欠泉もありますよ。

鳥居は、木ではなく、石鳥居となっており、1780年に建てられており、熱海市指定文化財となっていますよ。

手水舎

湯前神社(熱海温泉)

境内には、温泉の大湯が流れている手水舎がありますよ。

石灯篭

湯前神社(熱海温泉)

石鳥居とともに、石灯篭も熱海市指定文化財となっており、石鳥居よりも古く、1758年に寄進されたものとのことです。

湯前神社(熱海温泉)

境内には、石鳥居や石灯篭についての解説も書かれていますよ。どちらも、久留米藩主有馬頼徸が寄進したものとのことです。

社殿

湯前神社(熱海温泉)

こちらが社殿となります。温泉の神様として知られている少彦名神が御祭神となっています。

由緒

湯前神社(熱海温泉)

1200年程前に、神様より、こちらの温泉に入れば、病気が治るとのお告げがあり、小さな祠を立てて、神様を祀ったのが創建のきっかけとなっています。

鎌倉幕府を開いた源頼朝や、江戸幕府を開いた徳川家など、将軍や大名などの崇拝を受けてきたそうです。

なお、熱海温泉ならではの神事として、江戸時代に徳川幕府の江戸城に、大湯を献湯していたことを偲んだ『献湯祭・湯汲み道中』というお祭りがあるそうです。

源頼朝の歌碑

湯前神社(熱海温泉)

境内には、源頼朝が大湯について詠んだと言われている歌碑があります。

湯前神社(熱海温泉)

楠木

湯前神社(熱海温泉)

石鳥居の横には、大きなクスノキの神木があります。

湯前神社(熱海温泉)

こちらも、熱海市指定文化財となっているとのことで、とても巨木で、熱い時期には、木陰を作ってくれますよ。

近場のオススメスポット

日航亭

日航亭

湯前神社の隣に、大湯に入れる日航亭があります。内湯も露天風呂もあって、100%源泉かけ流しの温泉に、大人1,000円、子供500円で、日帰り入浴できますよ。

詳しくは、『日航亭 大湯』をご覧ください。

大湯間欠泉

熱海七湯の『大湯間欠泉』

湯前神社の隣に、大湯が自噴している姿を再現した大湯間欠泉があります。

4分に一度、温泉が噴水のように吹き上がる姿を見ることができますよ。ただ、現在は、残念ながら、自噴ではなく、自噴の様子を再現したモニュメントとなっています。

詳しくは、『大湯間欠泉』をご覧ください。

小沢の湯

小沢の湯(熱海七湯で温泉卵)

大湯ではないですが、熱海七湯の一つである小沢の湯も、湯前神社の近くにありますよ。

こちらの温泉では、温泉の蒸気で温泉卵を作ることができ、熱海七湯の中でも人気スポットです。

詳しくは、『小沢の湯』をご覧ください。

 

次のページでは、インスタグラムをご紹介します。

ページ: 1 2

施設概要

施設名

湯前神社

住所 静岡県熱海市上宿町4−12

電話番号

0557-81-9817

参照サイトhttps://www.ataminews.gr.jp/spot/313/
Instagramhttps://www.instagram.com/explore/locations/7415497/
アクセス熱海駅より、徒歩12分
スポンサードリンク

Googleマップで開く

※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

口コミ

  1. 熱海の温泉とゆかりの深い神社!

    口コミ評価 5

    :子供と一緒 (小学生低学年)

    :2017年7月

    熱海にある神社で、小さくひっそりとした神社ですが、熱海の温泉とゆかりのある神社ですよ。湯前神社の隣には、日航亭という大湯の温泉を使った日帰り温泉施設もあるので、一緒に立ち寄ってみては。

口コミに、ご協力お願いします♪
未会員の方は、会員登録へ(30秒)!
会員の方は、ログインへ!

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!