【稲荷湯 板橋 銭湯】映画テルマエロマエに登場する有名レトロ銭湯!

今回は、西巣鴨駅や板橋駅の近くにある銭湯『稲荷湯』をご紹介します。

稲荷湯は、昭和5年に建てられた立派な宮造りの建物で、富士山のペンキ絵が楽しめるレトロ銭湯です。

また、映画テルマエロマエで阿部寛さんが入浴しているシーンで使われた銭湯としても有名ですよ。

なお、まだ実際に銭湯には行けていないので、概要のみご紹介します。

スポンサードリンク

稲荷湯のご紹介

アクセス

2_4421

稲荷湯は、西巣鴨駅や板橋駅から徒歩6分ほどの場所にあります。

脱衣場

脱衣場は、天井が格子模様の格天井となっています。また、レトロな釜型ドライヤーや藤の籠などの銭湯グッズも置かれています。

脱衣場から、鯉などが泳ぐ庭を眺めることも出来るようです。

お風呂場

お風呂場は、天井が高くて開放感があり、富士山のペンキ絵が楽しめますよ。

cinemacafenet

テルマエロマエで、こちらの銭湯にタイムスリップしてくるシーンなどで、映画の中にも登場しますよ。

https://www.youtube.com/watch?v=lMMkhKaeUlQ

また、長澤まさみさんが水着で銭湯で踊っているCMでも使われたりしているそうです。

お風呂

お風呂は、アツ湯だけでなく、普通の温度、ヌル湯の3種類の温度に分かれたお風呂もあるので、子供でも入りやすいですね。

また、土日祝日には、薬湯が楽しめるそうです。

インスタグラム

秋元梢ちゃんにファションディレクションをお願いしている特集 「浮世絵現代」。8人の浮世絵アイコンの一人 IVANちゃんの撮影のロケハンで、北区の稲荷湯へ♨️。 気が付けば人生初の本格銭湯。とにかくキレイに手入れされてて気持ちいい銭湯。(絶対行く価値あり🗯) 湯船で仲良くなった刺青の入った大工の棟梁のおとっつぁんが、銭湯のいろはを教えてくれた。中でも感激だったのが、銭湯の大工は加賀から来ていて、天井の高いデザインは城から来ているらしい。いろいろ話して、「おかけで今日はゆっくり入れた、あんがとよ」って。 富士山の絵も今月6日に新しく描かれたという🌊🙏🏻(写真は以前の富士山) 稲荷湯だけに風呂上がりに、いなり寿司⛩(稲荷湯にいなり寿司はありません。近くの伊勢屋で買いました) #銭湯 #浮世絵 #江戸かぶく現代 #銭湯に刺青のおとっつぁんはマスト 👆🏻かぷきの手ぬぐいは、クラウドファウンディングのリターンでも用意してます。プロフィールにあるリンクからキャンプファイヤーのページへどうぞ💁🏻‍♂️ @kimono_kapuki

さん(@bu_kapuki)がシェアした投稿 –

施設概要

施設名

稲荷湯

住所 東京都北区滝野川6−27−14

電話番号

03-3916-0523

営業時間14:50~25:15
定休日水曜日
料金

大人:460円
小学生:180円
未就学児:80円

公式サイト
参照サイトhttp://www.cinemacafe.net/article/img/2018/01/13/54883/364758.html
参照サイトhttp://www.1010.or.jp/mag-tokyosento-tsutimoto/
Facebookhttps://www.facebook.com/inariyu.takinogawa
twitterhttps://twitter.com/inariyu_t
Instagramhttps://www.instagram.com/explore/locations/1403179/
アクセス西巣鴨駅より、徒歩6分
板橋駅より、徒歩6分
駐車場無料駐車場有
スポンサードリンク

Googleマップで開く

※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

口コミに、ご協力お願いします♪
未会員の方は、会員登録へ(30秒)!
会員の方は、ログインへ!

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!