【等々力不動尊 御朱印】等々力渓谷の紅葉や景色を楽しめる!

等々力不動尊(等々力渓谷)

今回は、世田谷区にあるお寺『等々力不動尊』をご紹介します。

等々力渓谷とつながっている場所にあって、渓谷の緑や紅葉を楽しむことができますよ。

また、御朱印も頂くことができます。

スポンサードリンク

等々力不動尊のご紹介

アクセス

等々力不動尊(等々力渓谷)

等々力不動尊は、等々力駅から徒歩5分ほどの場所にあります。

こちらの山門をくぐって本堂にも行けますし、等々力渓谷から登ってくることも出来ますよ。

本堂

等々力不動尊(等々力渓谷)

本堂の前には、お線香をあげられる常香炉があります。

等々力不動尊(等々力渓谷)

等々力不動尊は、真言宗智山派の満願寺の別院となっています。

舞台からの景色

等々力不動尊(等々力渓谷)

境内には、舞台があり、舞台から等々力渓谷を眺めることができますよ。

等々力不動尊(等々力渓谷)

12月上旬に行ったので、紅葉がとても綺麗で、写真の人気スポットになっていますよ。

御朱印

等々力不動尊(等々力渓谷)

社務所にて御朱印を頂くことができます。

等々力不動尊(等々力渓谷)

御朱印は、初穂料300円となっています。

お守り

等々力不動尊(等々力渓谷)

身代わりのお守りなども購入することができます。

不動の滝

等々力不動尊(等々力渓谷)

龍の口から、水が流れています。龍の口の上には、不動明王像があります。

なお、等々力と言う名前は、不動の滝の轟く(とどろく)音が、『等々力』という地名の由来になったと伝えられているそうですが、現在は、ちょろちょろとした流れていないです。

等々力不動尊(等々力渓谷)

不動の滝の奥には、稲荷堂がありますよ。

休憩処

雪月花

等々力不動尊(等々力渓谷)

不動の滝の前にある甘味処の雪月花です。甘味やお茶などを頂くことができますよ。

高揚の時期などの週末はとても混雑しますよ。

四季の花

等々力不動尊(等々力渓谷)

本堂の隣には、珈琲などのが飲めるカフェもありますよ。お寺を眺めながらお茶ができるのも素敵ですよね。

御由緒

瀧轟山明王院等々力不動尊は、平安時代の末(1100年頃)に、真言宗中興の祖、興教大師覚 上人が開かれた霊場で等々力の「不動様」として親しまれています。

戦国時代には、世田谷城主の蒔田吉良氏が戦勝祈願を祈り、村民は厄難招福を祈りました。

「お不動様」から渓谷に降りると開創由来の『お瀧』があり、古来から今日まで瀧に打たれ行をする人が各地から訪れています。

 

 

次のページでは、境内や等々力渓谷をご紹介します。

ページ: 1 2 3

施設概要

施設名

等々力不動尊

住所 東京都世田谷区等々力1-22-47

電話番号

03-3701-5405

公式サイト
Instagramhttps://www.instagram.com/explore/locations/177650/
アクセス等々力駅より、徒歩5分t
駐車場駐車場有
スポンサードリンク

Googleマップで開く

※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

口コミに、ご協力お願いします♪
未会員の方は、会員登録へ(30秒)!
会員の方は、ログインへ!

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!