【豊島区立池袋の森】トンボなどが生息する自然が残る公園!

豊島区立池袋の森

今回は、『豊島区立池袋の森』をご紹介します。公園なのですが、滑り台などの遊具はありません。

元々、林学博士だった人の住宅が公園となっているとのことで、自然が残っており、トンボ池などがありますよ。

スポンサードリンク

豊島区立池袋の森のご紹介

トンボ池

ヤゴなどが生息する池とのことで、井戸水を汲み上げて、生き物が生息しやすいビオトープになっているそうです。

ユリノキ

豊島区立池袋の森

こちらの木は、林学博士が植えたユリノキだそうです。大きくて立派ですよ。

2017-11-01

施設概要

施設名

豊島区立池袋の森

住所 東京都豊島区池袋1-7-10

営業時間4~9月 8:00~17:00
10~3月 9:00~16:00
公式サイト
Instagramhttps://www.instagram.com/explore/locations/445466372
アクセス池袋駅西口より、徒歩8分
駐車場なし
スポンサードリンク

Googleマップで開く

※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

口コミを投稿するには会員登録ログインが必要です。

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!