【鉄道博物館 てっぱく 埼玉大宮】ミニ運転列車や運転体験教室が面白い!

【鉄道博物館 てっぱく 埼玉大宮】ミニ運転列車や運転体験教室が面白い!

鉄道博物館(てっぱく)埼玉大宮

今回は、さいたま市大宮にある博物館『鉄道博物館(てっぱく)』をご紹介します。

電車好きな子供にとっては一度は訪れたい人気施設で、歴代の電車を見るだけなく、運転シミュレーターやミニ運行列車など、実際に電車の運転も体験できますよ。

スポンサードリンク

鉄道博物館のご紹介

アクセス

鉄道博物館(てっぱく)埼玉大宮

鉄道博物館は、大宮駅からニューシャトルで1駅隣の『鉄道博物館駅』で降ります。

ミニ運転列車などの人数限定の体験アトラクションを行いたい方は、10時オープンの前に行って並ぶことをオススメします。

ちなみに、自分は、雨の週末でしたが、オープンの20分前から並びましたが、ミニ運転列車や運転体験など、子供が好きな体験アトラクションの受付を全て行うことができました。

案内図

鉄道博物館(てっぱく)埼玉大宮

鉄道博物館は、歴代の車両が展示してある『車両ステーション』と、子供が楽しめるキッズプラザのある建物と、ミニ運転列車などが体験できる屋外エリアと、大きく3つのエリアに分かれています。

なお、現在、リニューアル工事中で、2018年夏には新館がオープンして、新しい展示も増えるとのことです。(今回紹介するのは、2017年11月現在の展示内容です)

車両展示&転車台

鉄道博物館(てっぱく)埼玉大宮

車両ステーションでは、0系新幹線やSL(C57)など、全部で36両の車両が展示されています。

また、中央には、転車台もあって、1日2回、転車台が1周し、SLが汽笛を鳴らすイベントがあるので、チェックしてみては。

鉄道シミュレーター

鉄道博物館(てっぱく)埼玉大宮

1987年の景色を楽しめる205系山手線や、211系高崎線や、200系新幹線の運転シミュレーターを無料で体験することができますよ。

なお、本物のD51 を利用して作られたSLの運転シミュレーターは、人数限定で、1回500円となっているので、運転したい人は、朝一番で予約することをオススメします。

ジオラマ

鉄道博物館(てっぱく)埼玉大宮

車両ステーションの2階では、2017年7月にリニューアルされたジオラマをHOゲージが走行するシーンを見ることができます。

また、10分程度の解説付きのショーも無料で見ることができますよ。

科学ステーション

鉄道博物館(てっぱく)埼玉大宮

鉄道に関する科学を体験型で学習できるフロアとなっています。

上の写真は、レールと滑車と、車と、何もない箱の中に入って、どれが一番摩擦が少なく、楽に斜面を登れるのかを体験できるコーナーです。

キッズプラザ

鉄道博物館(てっぱく)埼玉大宮

キッズプラザは、無料でプラレールで遊べるフロアで、自分の息子が一番好きなコーナーです。特に、人数制限などもないので、いつも混雑しています。

鉄道博物館(てっぱく)埼玉大宮

プラレール以外にも、プラレールのこまちの運転席には入れたり、幼児用の遊び場などもありますよ。

てっぱくライン

鉄道博物館(てっぱく)埼玉大宮

キッズプラザとキッズライブラリーを結ぶ新幹線で無料で乗ることができますよ。

ただ、スピード自体は、人が歩くスピードと、ほとんど変わらないので、移動手段として、あまり有効ではないですが・・・。

キッズライブラリー

鉄道博物館(てっぱく)埼玉大宮

『鉄おも』など、子供向けの電車の書籍が充実しているコーナーで、自分の好きな電車の本を探してみては。

他にも、レゴで遊べるエリアや、特急車両の座席で休憩できるようになっています。

てっぱくホール

鉄道博物館(てっぱく)埼玉大宮

キッズライブラリーの隣には、てっぱくホールがあり、無料で、鉄道関連の映像を視聴することができますよ。

自分が行った時には、電車好きの子供には有名な映画『日本列島列車大行進2017 』を上映していました。

ミニ運転列車

鉄道博物館(てっぱく)埼玉大宮

実際に、線路の上を走る電車を運転できるミニ運転列車は、電車好きな子供に一番おすすめのアトラクションです。

200円必要ですが、マスコンを握って、運転することができますよ。ただ、人数限定なので、朝一番で整理券をもらわないと利用できないので、ミニ運転列車を体験したい人は、10時前に行くことをオススメします。

鉄道博物館(てっぱく)埼玉大宮

ちなみに、車内は3人程度まで乗ることができ、実際に、マスコンをにぎって、運転したり、駅で停車したりすることができますよ。

運転士体験教室

鉄道博物館(てっぱく)埼玉大宮

こちらは、ミニ運転列車のように実際の車両を動かすことができませんが、運転士さんが訓練している設備と同じものを使って、運転体験ができる教室です。

初級・中級・上級コースに分かれていて、係の人が運転の仕方を教えてくれ、実際に、体験することができます。料金は500円となっており、先着順なので、ミニ運転列車の整理券をもらったら、教室の前の予約表に名前を記入することをオススメします。

鉄道博物館(てっぱく)埼玉大宮

このような形で、係の人の指導に従って、運転をすることができますよ。

SL運転シミュレーション

鉄道博物館(てっぱく)埼玉大宮

こちらは、中学生以上しか体験できませんが、実際のD51の運転席に座って、SLの運転シミュレーションを行うことができます。

人数限定で、体験料金は500円となっています。こちらも、1日に利用できる人数が限られているので、入館したら直ぐに予約をすることをオススメします。

パノラマデッキ

鉄道博物館は線路に囲まれた場所にありますが、屋上のパノラマデッキでは新幹線が高速通過する様子を眺めることができますよ。

新幹線好きな子供には、かなりオススメです。

 

次のページでは、YouTubeやインスタグラムをご紹介します。

ページ: 1 2

施設概要

施設名

鉄道博物館

住所 埼玉県さいたま市大宮区大成町3-47

電話番号

048-651-0088

営業時間10:00~18:00
(最終入館 17:30)
定休日火曜日
年末年始
料金

<入館料>
大人:1,000円
小中学生:500円
幼児:200円

<年間パスポート>
大人:3,000円
小中学生:1,500円
幼児:600円

公式サイト
Facebookhttps://www.facebook.com/teppaku/
Instagramhttps://www.instagram.com/explore/locations/235350158
アクセス鉄道博物館駅より、徒歩1分
駐車場有料駐車場有(1日500円)
スポンサードリンク

Googleマップで開く

※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

口コミ

  1. 小鉄が大好きなてっぱく!

    口コミ評価 5
    施設の充実度&雰囲気充実度 5
    サービス・おもてなしサービス 5
    コストパフォーマンスコスパ 5

    :子供と一緒 (小学生低学年)

    :2017年11月

    電車好きな息子にとっては、ディズニーランドよりも、てっぱくの方が大好きです。朝一番で行き、ミニ運転列車の整理券をもらい、運転手の気分を味わいました。また、実際に運転手が使っているシミュレーターを使った運転訓練の授業にも参加し、満足な1日でした。

  2. 鉄道好きにはたまらない場所

    口コミ評価 4

    :子供と一緒

    :2017年8月

    昨年の夏休みに、子供たちと一緒に鉄道博物館に行きました。私はそもそも鉄道にあまり興味がなかったのですが、小学生の息子はとても楽しんでいました。まずは一階に展示してあるSLに釘付けでした。確かにSLを見る機会はなかなか無いので、その大きさにあまり関心のない私でも見応えがありました。また、二階ではプラレル等の模型に息子は夢中でした。結局、昼から行って、閉演まで楽しんでいたので、鉄道好きにはお勧めの場所だと思います。

口コミに、ご協力お願いします♪
未会員の方は、会員登録へ(30秒)!
会員の方は、ログインへ!

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!