【修羅の刻 動画】アニマックスプラスで公式無料動画を見よう!

アニメ『陸奥圓明流外伝 修羅の刻』の無料動画

スカパーなどの有料放送のアニメチャンネルで有名なアニマックス(Animax)が、無料でアニメ動画を見られるサービス『アニマックスプラス』を運営。違法動画ではなく、アニメ制作会社やテレビ局から権利許諾を受けた公式の動画で、しかも、どれだけ見ても無料。

今回は、人気アニメ陸奥圓明流外伝 修羅の刻』(全26話)をご紹介します。

『陸奥圓明流外伝 修羅の刻』の無料動画のご紹介

陸奥八雲は山茶屋で飯をかき込んでいた。そこへ美形の少年剣士・吉祥丸が逃げ込んできた。浪人たちに追いつめられ危機におちいる吉祥丸。だが、それを見かねた宮本武蔵が割って入り、浪人たちを切り捨ててしまう。そんな騒動の中でも微動だにしない八雲の姿を見て、その腕前を察した武蔵は、八雲に勝負を挑んできた。

多くの刺客を一瞬で倒す八雲。その強さを目の当たりにした裏柳生の刺客・柳生兵馬。だが「表」の柳生になるには強き者を倒して上に認められるしかない。兵馬は自信満々で八雲の前に立ちはだかった。だが兵馬の太刀筋を見切った八雲は、刀を地面にたたきつけて折り、陸奥圓明流「雷(いかずち)」で兵馬を倒すのだった。

第3話 烈風の鎖鎌

アニメ『陸奥圓明流外伝 修羅の刻』の無料動画

アニメ無料視聴(アニマックスプラスへ)

藩士たちに追いつめられる詩織。そこへ鎖鎌の使い手・宍戸梅軒が割って入り、藩士たちをなぎ倒す。だが、詩織は崖から落下し、川に流されてしまう。詩織が目を覚ますと、そこは朝之助とお梅の住む一軒家だった。ふたりは、詩織が追われている身だと知りつつも、体が治るまでゆっくりしていってくれと、言葉をかける。

武蔵のことで少年・伊織が「九鬼無双流」の若侍たちといざこざを起こしていたところに通りかかった八雲は、若侍たちをいなして伊織を助けてやった。その後、伊織とともに団子屋で腹ごしらえをしていた八雲は、そこで詩織と再会する。一方、先ほどの仕返しを果たそうと九鬼家三男・新三郎は八雲たちを道場へと誘い込む。

八雲、詩織、伊織は雪姫の屋敷に招かれた。積極的に八雲への好意を示す雪姫の態度を見せつけられた詩織は、不安になってしまう。八雲に気持ちが通じていないことで落ち込む詩織を、伊織ははげますのだった。一方、八雲に恥をかかされたことで憤っている九鬼家では、三男の新三郎がある「兵法」をたくらんでいたが…。

九鬼無双流の門弟に拉致されてしまった詩織。八雲は「詩織を後見人としてあずかった」と書かれた果し状を受け取る。翌日、九鬼に指定された場所に現れる八雲。まず、九鬼の長兄・数馬と対することになった八雲は、その剣をかわし一撃で数馬を倒してしまう。だが九鬼の三男・新三郎は新たな「兵法」を用意していて…。

ついに対決の時を迎えた八雲と武蔵。豪快に振り下ろされた武蔵の剣をかわす八雲。しかし、いつもとは違い、八雲はすぐには相手の懐に入ることができない。再度踏み込み、剣を振るう武蔵に対し、今度は懐に入ることに成功する八雲。だが八雲の拳を武蔵は間一髪かわす。そして武蔵は脇差しを抜いて二刀流で対することに…。

武蔵の養子となった伊織。彼は武蔵に代わり御前試合に出場することとなったが、突然柳生の者の襲撃を受ける。柳生の武士たちを相手にしない伊織。するとそこへ、圓という女が乱入。柳生の使い手を素手で子供あつかいする圓がなぜか伊織に勝負を挑んできた。勝負を始めようとすると今度は隻眼の男・天斗が割り込んでくる。

佐助は圓と天斗に、尾張柳生の兵庫助利厳が現れたと告げる。それを聞いた圓は、茶屋の陰で待ち伏せすることに。だが、茶屋には宮本武蔵と同じ気を放つ男、柳生十兵衛の姿もあった。ここで手を出すのは無謀だということで、圓たちは江戸に入って策を練り直すことにする。その晩、天斗は、圓と佐助の狙いを聞かされる。

圓が捕らえられているであろう柳生の屋敷に、佐助は忍び込み、天斗は正門から堂々と入っていった。天井裏で盗み聞いた宗矩と十兵衛の会話により、圓がこの屋敷にはいないと悟る佐助だったが、十兵衛に気づかれ刺されてしまう。一方、柳生の門弟たちを次々と倒していく天斗。だが、その前に十兵衛が立ちはだかって…。

御前試合に出場する圓、天斗、佐助は、松平家の別邸に案内された。どうやって将軍・家光を暗殺するのかと天斗に聞かれた圓は、試合で全勝した後に家光の首をとると答える。その頃、宗矩は家光の前に呼ばれ、御前試合の参加者について質問を受けていた。十兵衛が推挙した天斗の素性を知りたがる家光は…。

伊織の御前試合初戦の相手は、荒木又右衛門。二刀を使わず動こうとしない伊織にじわりと近づいた又右衛門は、矢継ぎ早に剣を振り下ろす。最小限の動きでこれをかわした伊織は、簡単に又右衛門を下す。続いて圓の出番。相手は居合の使い手・抜刀田宮流の田宮長勝。圓は素早い居合を見せる長勝の一撃目をかわすが…。

圓の次の対戦相手は十兵衛。天斗が「逃げるか?」とたずねるが、圓は佐助とともに試合場へ向かう。まずは伊織と柳生新陰流の柳生兵庫助の試合。かつて武蔵と因縁があるという兵庫助。またしても二刀を使わないと思われた伊織だが、最後には脇差しを抜き、兵庫助を下す。そしていよいよ、圓と十兵衛の対戦が始まった。

大混乱となった御前試合。圓は家光の首をとって討ち死にしようとしていた。だが天斗に説得された圓は、倒れた佐助を連れてこの場を去る。出口へ向かう天斗と圓の前に、十兵衛が立ちはだかった。ただ天斗と勝負がしたいと言う十兵衛。そこで天斗は、自分が「陸奥天斗」であることを明かし、十兵衛と対決することに…。

幕末、日本は動乱の時代へと突入する。江戸の土佐藩邸で行われた剣術試合において、坂本龍馬は圧倒的な強さを見せつけ、優勝する。その様子を見ていた豪快な男・陸奥出海は、龍馬を訪ねて千葉道場に現れた。「龍馬を本気にさせたい」という理由で、試合を挑みにきたという出海。ところが、ふたりは意気投合してしまう。

花見に向かう途中、試衛館で沖田総司と出会った出海たち。出海は沖田と一戦交えることに。沖田の鋭い「二段突き」をかわす出海。そこへ土方歳三が現れ、この勝負を止めた。土方は、出海が二段突きをかわした際、沖田の鞘を蹴り割っていたことに気づき、出海の強さを見抜いたのだ。出海の戦いを見て刺激を受けた龍馬は…。

出海と龍馬が江戸で別れて八年。薩長同盟を成立させることに尽力した龍馬は、京都・池田屋で三吉慎蔵と酒を酌みかわしていた。そこへ、龍馬を捕らえるべく、幕府の捕方が飛び込んできた。なんとか逃げることのできた龍馬だが、指に深手を負ってしまう。出血が多く、気が遠くなりかける龍馬の前に、新撰組が現れる

おりょうとの新婚旅行を終えた後、龍馬は目覚しい活躍を見せることとなる。ここ数年の不作により米不足の薩摩。長州は龍馬を通して薩摩に五百石もの米を送ろうとする。だが、薩摩の西郷隆盛は、幕府との対決が迫っている長州こそ米が必要だと、その米を受け取ろうとしない。そこで、間に入った龍馬は…。

長州軍は北九州の幕府の拠点をいくつか制圧することに成功する。続いて小倉の陥落を狙う長州軍。だが、高杉号が手を焼いているうちに幕軍は大艦隊を小倉港に集結させていた。小倉に近づくこともできず、困り果てる高杉と桂。そこで龍馬は、夜明け前に幕府艦隊の旗艦である巨大な富士山丸を奇襲することを提案する。

幕府の大政奉還に尽力した龍馬。しかし、武力による倒幕を狙っていた薩摩は、そんな龍馬の活躍を面白く思っていなかった。そこで龍馬は、出海を伴って薩摩藩邸に出向くことに。西郷と対面した龍馬は、新政府の原案を手渡す。そこに書かれている新政府高官の中には、龍馬の名前がない。それを見た西郷はおどろくのだった。

半次郎を待ち伏せし、対決する出海。示現流の半次郎の初太刀をかわした出海は、素早い蹴りを入れた。そしてとどめを刺そうとした時、龍馬の身に不安を覚えた出海は、近江屋へ引き返す。すると龍馬は何者かに斬られ、すでに虫の息だった。龍馬の最後の言葉を聞いた出海は、犯人だと思われる新撰組のいる屯所へ殴り込む。

出海はひとりで新撰組の屯所に乗り込んだ。ところが土方は、新撰組は龍馬暗殺に関与していないと言う。それを聞いた出海は、以前龍馬の元に「新撰組には気をつけろ」と忠告しにきた伊東が犯人だと気づき、すぐに伊東の元へ向かおうとする。しかし、そんな出海の前に沖田が立ちはだかり、勝負を挑んできた。

慶応四年、新撰組は鳥羽伏見の戦いに参加していた。だが、薩長をはじめとする官軍の近代的装備と戦術に歯が立たず、新撰組は大苦戦をする。同じ頃、出海は海をぼんやり見ながら龍馬を思い出していた。そこへやってきた千葉道場の定吉と、龍馬について話す出海。彼は沖田総司との約束を思い出し、沖田の元へと向かう。

沖田総司の前に現れた出海は、「体は大丈夫か?」と問う。本当は歩くことができないほど病にむしばまれていた沖田だったが、「治りました」と返事をする。そしてふたりは対決を開始する。ふたりはものすごいスピードで技を出し合う。沖田の三段突きをかろうじてかわす出海。だが次の瞬間、沖田は咳込んで倒れてしまう。

慶応四年八月。土方歳三は少数の剣士隊を率い、新政府軍と会津で戦おうとしていた。出陣の前、沖田総司が亡くなったことを松本良順に聞かされる土方。そしてその直後、戦火の火蓋は切って落とされた。圧倒的不利の状況下で、土方はなんとか新政府軍鉄砲隊の攻撃を防ぐ。一方、その戦場に出海と蘭が姿を現していた。

馬に乗り、官軍に突っ込んでいく土方歳三は、たったひとりで鉄砲隊を蹴散らしていく。前線を突破し、さらに本陣へ突入して行こうとする土方だったが、その前に出海が現れた。沖田総司の死ぬ間際に残した伝言を土方に伝えた出海は、沖田の刀を渡す。そしてふたりは、戦場の真ん中で決闘を始めるのだった。

2016-07-20

口コミを投稿するには会員登録ログインが必要です。

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!