【青梅鉄道公園】0系新幹線の運転席に座れる!

”青梅鉄道公園(東京鉄道博物館)"

今回は、青梅鉄道公園をご紹介します。0系新幹線の先頭車両が展示されていて、運転席にも座れますよ。また、D51などの9種類のSLの実物展示や、鉄道模型のジオラマを運転できたりと、電車好きな子供が楽しめる博物館です。

スポンサードリンク

青梅鉄道博物館のご紹介

青梅鉄道博物館へ

青梅鉄道公園(東京鉄道博物館)

青梅鉄道博物館は、青梅駅から徒歩15分と歩いても行くことができますよ。車の人は、無料駐車場があるので便利ですよ。

青梅鉄道公園(東京鉄道博物館)

こちらの入口で、入園料を払って、園内へ入ります。

営業案内

青梅鉄道公園(東京鉄道博物館)

入場料は小学生以上100円で、未就学児は無料となっています。営業時間は、10時~17時半(冬場は16時半)となっています。

案内図

青梅鉄道公園(東京鉄道博物館)

青梅鉄道公園には、0系新幹線やD51などの11両の車両展示と、ジオラマなどが展示されている記念館と、ミニSLなどの遊具があります。

0系新幹線

青梅鉄道公園(東京鉄道博物館)

一番の目玉の車両と言えば、やはり0系新幹線の先頭車両なのでは。

青梅鉄道公園(東京鉄道博物館)

0系新幹線の車両の中に入ることができ、座席にも座れますよ。

青梅鉄道公園(東京鉄道博物館)

また、運転席も開放されていて、実際に座ることもできますよ。

青梅鉄道公園(東京鉄道博物館)

運転席のアップ写真です。現在の車両とは異なり、デジタルの計器がなく、アナログの運転席です。速度計は、最高時速が260kmとなっていました。

D51

青梅鉄道公園(東京鉄道博物館)

蒸気機関車で一番メジャーなD51(デゴイチ)も展示されています。

青梅鉄道公園(東京鉄道博物館)

D51は、戦前の昭和11年から製造されて、同一形式としては日本最多の1115両も製造されたとのことです。

展示されているD51452は、昭和15年に汽車会社で製作され、昭和40年まで東北本線、昭和47年まで関西本線で活躍し、32年間で地球60周分も走破したとのことです。

 

青梅鉄道公園(東京鉄道博物館)

D51の運転席にも上がることができるので、運転席に座って記念写真を撮ってみては。

踏切

青梅鉄道公園(東京鉄道博物館)

こちらの踏切は、ボタンを操作すると、踏切を開閉させることができます。普段の生活では踏切で遊ぶことはできないですが、鉄道博物館では、踏切で遊ぶことができるので、息子も満足していました。

記念館

青梅鉄道公園(東京鉄道博物館)

3階建ての記念館には、鉄道に関する展示がされています。1階には、ジオラマや、SLや電車についての歴史の展示があり、2階には東京や青梅に関する鉄道の歴史が展示されていて、屋上は展望台になっています。

青梅鉄道公園(東京鉄道博物館)

SLの車両展示が充実している鉄道公園だけあって、SLが作られた歴史についても紹介されていますよ。

ジオラマショー

青梅鉄道公園(東京鉄道博物館)

1日5回、鉄道模型が運行する人気のショータイムがあります。ドクターイエローや東海道線などのJRの車両だけでなく、西武線の車両や、トーマスも走っていました。

時間は、10:30,11:30,13:30,14:30,15:30の5回となっているので、ショーの時間に合わせて出かけてみても良いかもしれません。

青梅鉄道公園(東京鉄道博物館)

なお、ジオラマショーがない時間には、100円払うと、鉄道模型を運転することができますよ。

弁慶号

IMG_3852

ミニSLの弁慶号には、100円で乗ることができますよ。ただ、まっすぐな線路を2往復するだけなので、ちょっと物足りない感じがしました。

ミニSL

青梅鉄道公園(東京鉄道博物館)

0系新幹線の隣には、SLのアトラクションがありますよ。こちらは、運転席には誰も座っておらず、自動で動いています。一人100円で乗ることができますよ。

電動カー

青梅鉄道公園(東京鉄道博物館)

鉄道博物館ですが、電動カーで遊べるエリアもありました。こちらも100円となっています。

パンダ

青梅鉄道公園(東京鉄道博物館)

レトロという点では、車両とマッチしていますが、浅草花やしきなどにある動物の乗り物遊具でも遊べますよ。

 

次のページでは、D51以外の展示車両をご紹介します。

ページ: 1 2 3 4

2017-01-15

施設概要

施設名青梅鉄道公園
住所東京都青梅市勝沼2-155
電話番号0428-22-4678
営業時間<3~10月>
・10:00~17:30(最終入館 17:00)

<11~2月>
・10:00~16:30(最終入館 16:00)
定休日月曜日(祝日の場合は、火曜日休業)
年末年始
料金小学生以上:100円
公式サイトhttp://www.ejrcf.or.jp/ome/
Instagramhttps://www.instagram.com/explore/locations/834685247/
アクセスJR『青梅駅』より、徒歩15分
駐車場無料駐車場有
※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

Googleマップで開く

口コミ

  1. Ken より:

    一緒に行った人:子供と一緒 (年中・年長)

    口コミ評価 4

    他の鉄道博物館と比べると、室内の展示内容は、ちょっと寂しいですが、SLの種類も多くて、0系新幹線の運転席に入れるのは、素敵だと思いました。

口コミを投稿するには会員登録ログインが必要です。

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!