【龍土神明宮 六本木天祖神社】住所がスリーセブンで縁起の良い神社!

龍土神明宮(六本木天祖神社

今回は、六本木にある神社『龍土神明宮(六本木天祖神社)』をご紹介します。

オフィスビルの隣にある近代的な神社で、住所が六本木7-7-7とスリーセブンとなっており、縁起の良い神社として人気です。

なお、御朱印は毎月辰の日しかもらえないので、ご注意を。

スポンサードリンク

龍土神明宮のご紹介

アクセス

龍土神明宮(六本木天祖神社

龍土神明宮は、六本木ミッドタウンの近くにある神社です。神社の名前がそのまま地名となり、龍土町の地名の由来にもなっています。

入口にある神社名石碑は、六本木六丁目にあるテレビ朝日から奉納されたものですよ。

鳥居

龍土神明宮(六本木天祖神社

社殿は、ビルの間にあり、鳥居を抜けて境内に入ります。

狛犬

龍土神明宮(六本木天祖神社

かなり年季の入った狛犬がお出迎えしてくれます。

龍土神明宮(六本木天祖神社

こちらの狛犬は、子供と一緒にいる子育て狛犬になっています。

手水舎

龍土神明宮(六本木天祖神社

手水舎で手と口を清めて参拝しましょう。

龍土神明宮(六本木天祖神社

龍が由来の神社だけあって、龍の口から水が流れてきます。なお、自分は見そびれてしまったのですが、手水舎の上には、龍の絵が描かれているそうです。

社殿

龍土神明宮(六本木天祖神社

社殿は、昭和32年に建てられた神明造の建物となっています。

御祭神は、天照大御神(アマテラスオオミカミ)、伊邪那伎命(イナザギノミコト)、伊邪那美命(イザナミノミコト)となっています。

由緒

龍土神明宮は、約600年前の至徳元年(1384年)にはじめて祀られました。このお宮に、品川沖から毎夜、竜が御灯明を献じたことで、この地を龍灯山と呼ばれたと言われています。

満福稲荷神社

龍土神明宮(六本木天祖神社

境内社の満福稲荷神社は、従前、孫太郎稲荷と称されていましたが、近隣の稲荷社を合祀して、満福稲荷神社となりました。

商売繁昌・事業繁栄・技芸上達の神様として、商業・飲食業・女性の方からの信仰篤く、霊験効かな『お稲荷様』として親しまれ、多くの方が参拝しているとのことです。

御朱印

龍土神明宮(六本木天祖神社

御朱印は、毎日いただけるのではなく、元旦~成人の日の間と、毎月辰の日のみ頂くことができます。

自分が行った時には、残念ながら、頂くことは出来ませんでした。

龍土神明宮(六本木天祖神社

神社の隣のオフィスビルも緑に囲まれていて、鯉が泳ぐ池もありますよ。

ブルーボトルコーヒー

龍土神明宮(六本木天祖神社

神社の隣には、アメリカ発の人気のコーヒーショップのブルーボトルコーヒーがありました。

参拝の後に、休憩してみては。

インスタグラム

2017-11-14

施設概要

施設名

龍土神明宮

住所 東京都港区六本木7-7-7

電話番号

03-3408-5898

公式サイト
Instagramhttps://www.instagram.com/explore/locations/1676842129292872/
アクセス地下鉄日比谷線「六本木駅」 徒歩5分
地下鉄千代田線「乃木坂駅」 徒歩5分
地下鉄大江戸線「六本木駅」7番出口 徒歩3分
駐車場なし
スポンサードリンク

Googleマップで開く

※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

口コミを投稿するには会員登録ログインが必要です。

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!