【甘酒茶屋 箱根】甘酒や力餅を食べて、昔ながらの茶屋を体験!

箱根甘酒茶屋

今回は、箱根にある藁ぶき屋根の甘酒茶屋をご紹介します。東海道を歩いている旅人に甘酒を提供する茶屋が箱根には9軒あったそうですが、現在は、こちらの1軒のみとなっているそうです。箱根の旧東海道を車で移動している方や、旧東海道を散歩している人は、甘酒茶屋で一休みしてみては。

甘酒茶屋のご紹介

甘酒茶屋の歴史

箱根甘酒茶屋

箱根には9軒、このエリアには4軒の甘酒茶屋があったそうですが、現在は、こちらの1軒のみとなっています。

入口

箱根甘酒茶屋

こちらから中に入ります。

メニュー

箱根甘酒茶屋

注文はテーブルではなく、お店に入ったら、カウンターに行き、注文します。甘酒が一番有名ですよ。昔ながらの味で砂糖などの添加物が入っていない素朴な味を楽しめます。また、箱根の山道を歩いてきた旅人に力を付けてもらう力餅も有名ですよね。

囲炉裏の席

箱根甘酒茶屋

囲炉裏がついた座敷席です。

畳の席

箱根甘酒茶屋

囲炉裏の奥には畳の席がありますよ。

土間の席

箱根甘酒茶屋

丸太が置かれた椅子に座る席もありますよ。

外の席

箱根甘酒茶屋

天気の良い日は、外で召し上がっても気持ち良さそうですね。

甘酒

箱根甘酒茶屋

自分が頂いた甘酒です。とても濃厚で、素朴な甘さを感じられて、美味しかったです。塩味のある漬物やお茶と一緒に味わってみては。

赤穂浪士とのかかわり

箱根甘酒茶屋

赤穂浪士の一人が立ち寄って、詫証文を書いたと言われているそうです。他にも、館内には、昔の甘酒茶屋の写真などが飾られていますよ。

東海道

箱根甘酒茶屋

甘酒茶屋の裏は、昔ながらの東海道がありますよ。

箱根甘酒茶屋

箱根旧街道の石畳まで歩いて30分ほどとのことですので、時間がある人は江戸時代の旅人を想像しながら、散歩してみては。

Instagram media bookfield - 4年前、一人で箱根エヴァツアー行って駅から甘酒茶屋まで歩いて死にそうになりながら書いたやつが残ってた!懐かしいな。本当ここの甘酒は日本一だから皆にお勧めしたい( ノД`)…

4年前、一人で箱根エヴァツアー行って駅から甘酒茶屋まで歩いて死にそうになりながら書いたやつが残ってた!懐かしいな。本当ここの甘酒は日本一だから皆にお勧めしたい( ノД`)…@bookfield

 

次のページでは、甘酒茶屋の食べ物や四季がわかるインスタグラムの写真をご紹介します。

ページ: 1 2

2016-02-27

施設概要

施設名甘酒茶屋
住所神奈川県足柄下郡箱根町畑宿二子山395-1
電話番号0460-83-6418
営業時間7:00-17:30
定休日年中無休
料金・甘酒:400円
・力餅:500円
・味噌おでん:450円
・ところ天:500円
・冷たい抹茶:400円
・しそジュース:400円
公式サイトhttp://www.amasake-chaya.jp/
アクセス<電車&バス>
・箱根登山鉄道『箱根湯本駅』より、元箱根港行バスに乗車。『甘酒茶屋バス停』にて下車。
駐車場無料駐車場有
※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

Googleマップで開く

口コミ

  1. Ken より:
    口コミ評価 4

    箱根にこんな茶屋があることは知りませんでした。
    藁ぶき屋根の雰囲気がある茶屋で、海外の人も喜びそうな場所だと思いました。
    建物の後ろには、昔の東海道が残っているので、ここに立ち寄って、江戸時代の箱根を感じてみては

口コミを投稿するには会員登録ログインが必要です。

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!