【朝日湯温泉 鶴見】昭和レトロの和風旅館のような黒湯温泉!!

朝日湯温泉(横浜鶴見の黒湯温泉)

今回は、横浜鶴見にある黒湯温泉『朝日湯温泉』を特集! 昭和レトロな雰囲気を感じられる貴重な温泉銭湯ですので、ご紹介します。

スポンサードリンク

朝日湯温泉の紹介

建物の紹介

朝日湯温泉(横浜鶴見の黒湯温泉)

朝日湯温泉は、道後温泉本館や寺院のような重厚感のある建物。番頭の方にお伺いすると、約50年前に建てられたとのことです。 このような建築様式を、破風作りというようです。東京近郊では、『北千住の大黒湯』、『横浜山手のいなり湯』なども、同じような建物の銭湯です。  

朝日湯温泉(横浜鶴見の黒湯温泉)

斜めから撮った写真です。風格漂う建物で、昭和レトロ好きな自分としては、大満足!!  

朝日湯温泉(横浜鶴見の黒湯温泉)

正面玄関の屋根には、鶴がいますよ。

  朝日湯温泉

松竹錠の靴入れ。木の札のカギをもって、番頭へ。 中に入ると、ALWAYS三丁目の世界のような番頭スタイルの銭湯。 大人料金の470円を払います(未就学児の料金はかかりませんでした)

  朝日湯温泉(横浜鶴見の黒湯温泉)

格天井と呼ばれる格子模様の天井です。天井はとても高くて、開放感があります。銭湯によっては、格子の中に花の絵が描かれている施設もありますが、こちらはシンプルな格格子になっています。 また、時計の下に見える梁は一本の太い木を使っているようで、震度3くらいの地震では揺れが気付かないほど、頑丈な作りになっているとのことでした。  

浴場

朝日湯温泉(横浜鶴見の黒湯温泉)

浴場の壁は、富士山ではなく、植物のパネルが貼られているようです。 お風呂は、黒湯の浴槽が2つと、ジャグジーや電気風呂がある白湯の浴槽が2つと、黒湯の水風呂が1つあります。 黒湯は、かなり濃く、ヌメリ感があり、肌によさそうな感じがします。 黒湯の浴槽は、子供には熱かったので、ひとつのお風呂をカランから出る源泉で、薄めさせていただきました。 その後、黒湯の風呂と黒湯の水風呂を交互に入って、温泉を満喫しました。

朝日湯温泉(浴場)

左側に見えるのが、サウナです。プラス100円?を払えば利用できるようですが、自分は利用しませんでした。 脱衣場も天井が高かったですが、浴場も同じく天井が高く、開放感があります。  

温泉分析表

朝日湯温泉(横浜鶴見の黒湯温泉)

泉質は、『ナトリウム-炭酸水素塩冷鉱泉』となっています。 『ナトリウム-炭酸水素塩冷鉱泉』は、肌の角質を取ってくれるという美肌効果があり、また、黒湯の成分である『腐植質』が保湿成分を含んでいて、冷え性の方に効果があるとのことです。

 

次のページでは、近場のオススメスポットやインスタグラムの写真をご紹介します。

ページ: 1 2

2015-09-03

施設概要

施設名朝日湯温泉
住所神奈川県横浜市鶴見区生麦3-6-24
電話番号045-501-5863
営業時間15:00〜23:00
定休日5日・15日・25日(日曜日の場合は翌日)
※不定休もあり
料金大人:470円
小学生:200円
未就学児:100円

サウナは別料金
公式サイトhttp://k-o-i.jp/koten/asahiyu-2.html
アクセス京急『生麦駅』より、徒歩3分
駐車場無料駐車場有(2台)
※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

Googleマップで開く

口コミ

  1. Ken より:

    一緒に行った人:子供と一緒 (年中・年長)

    口コミ評価 3

    個人的には、非常に大好きな温泉銭湯で、いつまでも立派な和風の温泉銭湯が営業し続けてもらいですね。
    浴場は綺麗なのですが、多少、脱衣場には、忘れ物などが置いてあって、ゴミゴミしている印象があります。
    脱衣場が更に綺麗になって、脱衣場の窓を開けると、日本庭園などがあれば、さらに魅力的なると思いました。

口コミを投稿するには会員登録ログインが必要です。

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!