【旧露亜銀行横浜支店 ラバンクロア】横浜関内の近代建築!

旧露亜銀行横浜支店 ラバンクロア

今回は、横浜関内にある近代建築『旧露亜銀行横浜支店』をご紹介します。大正10年に建てられ、関東大震災も第二次世界大戦も乗り越え、現存する唯一の外国銀行の近代建築です。

現在は、ラバンク・ド・ロアという結婚式場として活躍しています。

スポンサードリンク

旧露亜銀行横浜支店のご紹介

アクセス

旧露亜銀行横浜支店地図

旧露亜銀行横浜支店は、日本大通り駅の近くにあります。

現在は、ラバンク・ド・ロアと言う名前の結構式場として、新しい役割を果たしています。

旧露亜銀行横浜支店の歴史
   旧露亜銀行横浜支店

旧露亜銀行横浜支店は、大正10年当初、英国人バーナード・M・ウォードの設計により建設され、対象12年、関東大震災による外壁損傷を受け、復旧を経た後、ドイツ領事館、アメリカ銀行、横浜入国管理事務所等として平成8年まで使用されてきた。 その後、横浜市文化財保護審議会にて審議され、関東大震災以前の遺構であることや、当時の古代主義様式の建築、最初期の鉄筋コンクリート造の建築であり、2階のオーダー柱や大理石貼りの当初の意匠を残す階段等が文化財価値を持つと位置づけられ、『横浜市指定有形文化財』に指定された。 旧露亜銀行横浜支店 ラバンクロア
こちらが関東大震災の後の横浜関内の様子です。旧露亜銀行横浜支店以外の建物が大部分が壊滅的に倒壊している中、このビルが生き残っていることがわかります。

旧露亜銀行横浜支店の外観

旧露亜銀行横浜支店 ラバンクロア 横浜で最後に建設されたバロック様式の建物とのことで、ギリシャ風の2本の柱が特徴的ですよ。   旧露亜銀行横浜支店 ラバンクロア
こちらが正面入口となっています。

旧露亜銀行横浜支店 ラバンクロア

中には入れませんでしたが、昔から受け継がれる大理石の22段の階段がバージンロードとして活躍しているそうです。  

 

次のページでは、インスタグラムの写真をご紹介します。

ページ: 1 2

2017-05-04

施設概要

施設名旧露亜銀行横浜支店(ラバンクドロア)
住所神奈川県横浜市中区山下町280
電話番号045-277-1122
営業時間<平日>
11:00~20:00

<土日祝>
10:00~20:00
定休日火曜日
公式サイトhttp://www.yokohama-loa.com/
参照サイトhttp://hamarepo.com/story.php?story_id=5803
Instagramhttps://www.instagram.com/explore/locations/1035528369/
アクセスみなとみら線『日本大通り駅』より、徒歩5分
駐車場なし
※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

Googleマップで開く

口コミを投稿するには会員登録ログインが必要です。

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!