【氷川丸 横浜】山下公園にある昔の豪華客船を見学しよう!

氷川丸(横浜元町の山下公園)

今回は、横浜のランドマークの一つである山下公園に係留されている『氷川丸』を紹介します。昭和の激動の時代を生き抜いてきた氷川丸の船内に乗って、昭和を感じてみては。

氷川丸のご紹介

氷川丸へ

氷川丸(横浜元町の山下公園

氷川丸は、山下公園に係留されていてます。山下公園には、みなとみらい線の『本町・中華街駅』から徒歩3分程度で行けます。

入館案内

氷川丸(横浜元町の山下公園

開館時間は10時~17時となっていて、休館日が日曜日となっています。入場料は、大人が300円、65歳以上のシニアが200円、小中学生が100円、未就学児は無料となっています。

館内の案内図

氷川丸の案内図

氷川丸の見学は、Aデッキ~DデッキとN1~N3デッキまで、全部で13か所を見ることが出来ます。

受付へ

氷川丸(横浜元町の山下公園

タラップを上がって、氷川丸に入ります。

氷川丸(横浜元町の山下公園

乗船すると、受付があります。ここで入場料を払います。

映像上映

氷川丸(横浜元町の山下公園

受付の横には、氷川丸の歴史をまとめた映像を見ることができます。時間がある方は、まず映像を見てから見学してみては。

1.一等児童室

氷川丸(横浜元町の山下公園

一番最初の見学スポットは、一等児童室です。

氷川丸(横浜元町の山下公園

各見学スポットには、このような案内板が置かれていますので、参考にしてみては。

2.一等食堂

氷川丸(横浜元町の山下公園

一等児童室の少し先にある一等食堂です。

氷川丸(横浜元町の山下公園

かなり広くて、豪華な雰囲気が漂っています。

氷川丸(横浜元町の山下公園

食堂は、タキシードやイーブニングドレスを来て、豪華なディナーを堪能していたそうです。

氷川丸(横浜元町の山下公園

食堂を出ると、エレガントな曲線美の階段があります。こちらを上がって、上のAデッキに行きます。

次のページでは、Aデッキを紹介します。

ページ: 1 2 3 4

2016-02-05

施設概要

施設名氷川丸
住所神奈川県横浜市中区山下町山下公園地先
電話番号045-641-4362
営業時間10:00~17:00
※ご入館は16:30まで
定休日月曜日
※祝日の場合は開館、翌平日休館
料金<氷川丸入場券>
・大人  300円
・シニア 200円
・中高生 100円
・小学生 100円

<氷川丸+日本郵船歴史博物館>
・大人  500円
・シニア 300円
・中高生 300円
・小学生 100円
公式サイトhttp://www.nyk.com/rekishi/exhibitions/hikawa.htm
アクセス<電車>
・みなとみらい線『元町・中華街駅』4番出口より、徒歩3分

<船>
・JR「横浜駅」東口シーバス乗場『山下公園』下船すぐ
※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

Googleマップで開く

口コミを投稿するには会員登録ログインが必要です。

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!