【碑文谷八幡宮】桜の参道が綺麗な神社。お祭りが有名!

IMG_2332

今回は、学芸大学や都立大学から歩いて行ける桜の参道が綺麗な碑文谷八幡宮をご紹介します。碑文谷という地名の由来になった碑文石が祀られています。また、9月の敬老の日前後には例大祭があり、屋台が出て、神輿が練り歩く地元の有名なお祭りがありますよ。

碑文谷八幡宮のご紹介

一鳥居

IMG_2356

yumimuy927

二鳥居

IMG_2327

桜の参道を抜けると、鳥居があります。写真ではわかりくいですが、車を止めてある場所の横にも立派な桜の木があるので、春は綺麗になると思いました。

石碑

IMG_2331

一番大きな石碑は、乃木希典が書かれたと思われる日露戦争の記念碑で、奥には日清戦争の記念碑があります。神社は、その場所の昔からの歴史が刻まれているので、いつも行っている神社もいろいろ見ていると新しい発見があるかもしれないので、探してみては。

三鳥居

IMG_2332

3つ目の鳥居があります。下には、碑文谷八幡宮についての説明が書かれている案内板があります。

IMG_2333

応仁天皇が祭神で、畠山重臣の守護神を家臣筋の宮野左近という方が祀ったのが、碑文谷八幡宮のきっかけとのことです。奥には、碑文谷の地名となった碑文石があったり、勝海舟の額やのぼりがあるそうです。(勝海舟の額などは見ることは出来ませんが、碑文石は見られますよ)

手水舎

IMG_2338

手水舎で手と口を清めて、本殿へ向かいましょう。

IMG_2340

こちらの手水舎の隣には、昔ながらの手押しの井戸がありますよ。実際に、手押しのポンプを押すと、水が出てくるので、子供と一緒に試してみては。

神楽殿

IMG_2342

本殿

IMG_2341

奥に見える建物が本殿です。たまたま、お宮参りに来ていたご家族がいました。

IMG_2349

こちらの骨nは、1674年に建てられて、その後、明治5年に再建、20年に改築されたものだそうです。

稲荷社

IMG_2344

本殿の横には、キツネが特徴の稲荷社があります。こちらは、重忠の重臣の榛沢六郎を祀っているとのことです。

碑文石

IMG_2345

境内には、碑文谷という地名の由来になった碑文石が祀られています。

IMG_2346

こちらの石は、呑川の川床にあった石を材料としていて、大日如来と熱至菩薩と観音菩薩の梵字が刻まれているとのことで、近くから見ると微かに文字のようなものが見えますよ。

児童公園

IMG_2352

本殿の横には、ブランコとシーソーとお砂場がある昔ながらの公園がありますよ。シーソーがある公園って、最近では珍しいですよね。

 

次のページでは、お祭りや桜の花見などのイベントがわかるインスタグラムの写真と近場のオススメスポットを紹介します。

ページ: 1 2

2016-01-28

施設概要

施設名碑文谷八幡宮
住所東京都目黒区碑文谷3-7-3
電話番号03-3717-6412
主祭神応神天皇(おうじんてんのう)
行事例大祭:9月敬老の日の前日と前々日
公式サイトhttp://www.tokyo-jinjacho.or.jp/syoukai/10_meguro/10002.html
アクセス<電車>
・東急東横線『都立大学駅』より、徒歩11分。『学芸大学駅』より、徒歩17分
※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

Googleマップで開く

口コミを投稿するには会員登録ログインが必要です。

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!