【久松温泉 池上】駅近の和モダンな黒湯の温泉銭湯!!

【久松温泉 池上】駅近の和モダンな黒湯の温泉銭湯!!

久松温泉(大田区の温泉銭湯)

今回は、大田区池上にある『久松湯』を特集!!

真っ黒で肌によさそうな黒湯がある温泉銭湯で460円で入れます。また、建物も浴場内もデザインにこだわった昭和モダンな感じがして、歴史を感じますが、レトロな訳ではなく、素敵な雰囲気を醸し出しています。

スポンサードリンク

久松温泉のご紹介

久松温泉へ

久松温泉(池上銭湯)

池上駅を降りて4分くらいで、久松温泉に到着。池上には『桜館』もありますが、駅に近いのは『久松温泉』です。  

午前10時から入れる銭湯で、入浴料は大人460円、小学生180円、未就学児80円で、フロントで支払います。

脱衣場

久松温泉(池上銭湯)

脱衣場に入ると、年季は入っていますが、綺麗な脱衣場で、しかもスペースもゆったりしていました。

レトロなマッサージチェアや体重計などが置いてあって、雰囲気もありますよ。 

洗い場

久松温泉(大田区の温泉銭湯)

洗い場は、銭湯定番の据え置き型のシャワーです。  

黒湯のお風呂

久松温泉(大田区の温泉銭湯)

大田区の黒湯の中でも、黒さはNo1クラスだと思えるほど、真っ黒なお湯です。 ただ、問題があって、とにかく温度が熱いのです。いろんな銭湯に行っていますが、入れなかったのは、蒲田温泉の熱湯くらいでしたが、久松温泉の黒湯は、カランで薄めない限り、絶対入れないレベルです。  

白湯のお風呂

久松温泉(大田区の温泉銭湯)

白湯は、普通のお風呂と、ジャグジーのお風呂の2つあります。 こちらの温度設定はそれほど高くなく、子供も入ることが出来ました。

サウナ

写真はないですが、無料で入れるスチームサウナがありますよ。

オープンエア

水ぶろはありませんが、外に出られる場所もあって、サウナや黒湯で火照った体をクールダウンできますよ。

休憩スペース(2階)

久松温泉(池上銭湯)

2階には、ステージもある畳の休憩処があります。入場料1000円が必要ですが、ビールなども飲めるので、東京にいながら、温泉旅館に行ったような気分になれますね。

休憩スペース

久松温泉(池上銭湯)

1階にもソファが置いてあって、お風呂上りに、ゆっくりすることができますよ。

 

次のページでは、インスタグラムの写真をご紹介します。

ページ: 1 2

施設概要

施設名

久松温泉

住所 東京都大田区池上3-31-16

電話番号

03-3751-0119

営業時間10時~24時
定休日火曜日
料金

大人  :460円
小学生 :180円
未就学児: 80円 
※大人人1人につき、未就学児1名まで無料

公式サイト
参照サイトhttp://www.1010.or.jp/map/item/item-cnt-467
参照サイトhttp://ota1010.com/explore/%E4%B9%85%E6%9D%BE%E6%B8%A9%E6%B3%89/
Instagramhttps://www.instagram.com/explore/locations/246398561/
アクセス東急池上線『池上駅』より、徒歩3分
駐車場無料駐車場有(6台)
スポンサードリンク

Googleマップで開く

※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

口コミ

  1. 黒湯が楽しめる和モダン銭湯だが、熱いのがネック!

    口コミ評価 3.5

    :子供と一緒

    久松湯は、午前中から入れて、駅からも近いし、黒湯もイカスミのように真っ黒で、外で休める休憩スペースがあってと、黒湯を楽しむ温泉銭湯としては、非常に高レベルだと思うのですが、唯一ネックがあります。 それはお湯の温度が高いこと。3回くらい行きましたが、日によって違うのではなく、毎回温度が高く、45度くらいはあるのではないでしょうか。大人の自分が、カランから出る冷たい源泉を大量投入して、やっと入れるレベル。残念ながら、一緒に行った自分の子供は、毎回、黒湯には入れません。黒湯の浴槽が2つに分かれているので、せめて1つくらいは40度くらいに設定してもらえると、非常にありがたいのですが・・・。

口コミに、ご協力お願いします♪
未会員の方は、会員登録へ(30秒)!
会員の方は、ログインへ!

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!