【久の湯 江東区銭湯】富士山のペンキ絵のあるレトロ銭湯!

久の湯(南砂町銭湯)

今回は、江東区南砂にある銭湯『久の湯』をご紹介します。富士山のペンキ絵のあるレトロ銭湯で、日替わりの薬湯を楽しめますよ。

なお、まだ実際に銭湯には行けていないので、概要のみご紹介します。

スポンサードリンク

久の湯のご紹介

アクセス

久の湯は、江東区南砂にあるレトロ銭湯です。

脱衣場

久の湯(南砂町銭湯)

受付は昔ながらの番台スタイルになっていますが、ロッカーの棚が置かれているので、脱衣場が見えにくくなっています。

女湯のは昔ながらの釜型ドライヤーが置いてあるようです。

お風呂場

久の湯(南砂町銭湯)

お風呂場は、天井が高くて開放感がある造りになっており、壁には富士山のペンキ絵が描かれています。

シャワースペースには、無料のシャンプーとボディーソープが置いてありますよ。

なお、お風呂場はお風呂があるだけで、サウナや水風呂などはないシンプルな造りになっています。

お風呂

久の湯(南砂町銭湯)

お風呂場は、日替わりの薬湯と、ジェット風呂と、座風呂が楽しめるようになっています。

インスタグラムの写真

【六巡目・東京銭湯お遍路巡礼】 2016年05月18日(水) *“久の湯巡り”二軒目と三軒目(ラスト)の巻* 83軒目 (六巡通算523軒目) 江東区23番 「久の湯」 New! @江東区南砂 (東陽町駅) 01.接客★★★ 02.清潔★★★ 03.設備★★☆ 04.風情★★★ 05.湯浴★★★ 06.水浴★★☆ 07.客層★☆☆ 08.交通★☆☆ 09.再訪★★★ 10.鍵関連:下足札、ロッカーキー共に自由 11.shampoo&bodysoap備え付け:あり 12.駐車場:C/P徒歩2分 ※20時~1h100円、8時~15分100円 13.音楽:テレビ 14.営業:14:40~22:00 15.定休:木曜 16.朝湯:なし 17.メモ:南砂五差路を西に入ってすぐ左側、もしくは松島橋北を西に入った北側。周辺は一方通行だらけ。22時閉店と早い。番台には優しそうなオバサマ。帰りは娘さんかな?挨拶の気持ち良いオネエサマ。雰囲気の良い脱衣室。浴室に入ると外壁側カラン上の観葉植物が目に優しく、また正面には丸山絵師による「野尻湖」を描いたペンキ絵。浴槽は3(座湯):2(バイブラ):2(薬湯)。湯温は適温の上◎。立ち蓮シャワー×1基は前に使ったオヤジが壊したんだか、急に水が出なくなってガッカリ。か元々壊れ気味だったのかも。先客2人だったのが後客5人となって賑わった。次回は早い時間に来てみようか!

muuuuuuuuutoicさん(@muuuuuuuuutoic)がシェアした投稿 –

2017-10-15

施設概要

施設名

久の湯

住所 東京都江東区南砂1−14−9

電話番号

03-3644-1620

営業時間14:40~22:00
定休日木曜日
料金

大人:460円
小学生:180円
未就学生:80円

公式サイト
アクセス東京メトロ東西線「東陽町」駅よりバス。「南砂1丁目」下車、徒歩3分
駐車場なし
スポンサードリンク

Googleマップで開く

※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

口コミを投稿するには会員登録ログインが必要です。

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!