【ねこじゃらし公園】桜がきれいな自然が溢れる公園!

ねこじゃらし公園(自由が丘)

今回は、自由が丘にある遊具のない公園『ねこじゃらし公園』をご紹介します。

『ねこじゃらし』という名前ですが、猫と触れ合えるわけではなく、こちらの公園は、滑り台やブランコなどの遊具が一切なく、自然をそのまま遊べるような特徴のある公園で、九品仏寺の脇にあります。

スポンサードリンク

ねこじゃらし公園のご紹介

ねこじゃらし公園へ

ねこじゃらし公園(自由が丘)

自由が丘駅から九品仏緑道を歩いていきます。  

ねこじゃらし公園(自由が丘)

ねこじゃらし公園の近くでは、木の板で出来た散歩道となって、雰囲気があります。

ねこじゃらし公園の雰囲気

ねこじゃらし公園(自由が丘)

ねこじゃらし公園につくと、広々とした空間が広がっています。

公園内には、桜の木もたくさんあるので、春には自然の中で、花見ができる公園としてちょっとだけ有名ですよ。

九品仏浄真寺も桜の名所として有名ですが、散歩するだけで、ランチシートを広げられませんが、ねこじゃらし公園は原っぱの上でランチシートを広げながら、お花見ができますよ。

小川

ねこじゃらし公園(自由が丘)

遊具はないのですが、唯一あるのは、地下水をくみ上げて、水遊びができるような小さな小川を作っています。  

ねこじゃらし公園(自由が丘)

石の小川の上を流れていきます。

  ねこじゃらし公園(自由が丘)

小川の終点は、自然の小川になっていて、おたまじゃくし』などの生き物がいます。

昭和初期には、貸しボートまで営業していた九品仏池があった場所とのことで、その後、埋め立てられたようです。

ベンチ

ねこじゃらし公園(自由が丘)

木陰で休めるベンチです。

トイレ

ねこじゃらし公園(自由が丘)

ねこじゃらし公園は、遊具はありませんが、水洗い場とトイレはきちんとありますよ。

インスタントグラム

勝手に評価

普通の公園を求めている子供にはオススメできませんが、子供が虫や植物などの自然に興味を持ったら、連れていきたい公園ですね。 特に、小川があるので、おたまじゃくしなどの虫を捕まえに行ってみては。 自由が丘でママ友達とランチする時など、ランチの後に九品仏緑道を散歩して、ねこじゃらし公園まで出かけてみては。

総合 ★★★☆☆
施設充実度 ★★☆☆☆
サービス ★★★☆☆
料金 ★★★★★
アクセス ★★★☆☆

施設概要

施設名

ねこじゃらし公園

住所 東京都世田谷区奥沢7-46-5

料金

無料

公式サイト
アクセス<電車>
自由が丘駅より、徒歩12分
九品仏駅より、徒歩9分
スポンサードリンク

Googleマップで開く

※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

口コミ

  1. 口コミ評価 3
    何も遊具がないので、おたまじゃくしを発見したり、ダンゴムシやアリを探したり、生き物に興味を持たせるには、良い公園なのでは。

口コミに、ご協力お願いします♪
未会員の方は、会員登録へ(30秒)!
会員の方は、ログインへ!

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!