【蒲田温泉】黒湯もサウナも楽しめる昭和レトロな温泉銭湯!

蒲田温泉(大田区の黒湯温泉銭湯)

今回は、蒲田駅周辺にある黒湯の温泉銭湯の代表格の『蒲田温泉』を特集!!黒湯の浴槽も2階の大広間も、どこか懐かしい感じのする温泉です。 サウナも追加料金なしで460円で楽しめるので、昭和レトロな温泉銭湯を探している人には、オススメです。2016年には、銭湯を舞台にしたドラマ『昼のセント酒』でも取り上げられた人気温泉銭湯ですよ。

スポンサードリンク

お風呂の紹介

黒湯のお風呂

蒲田温泉(大田区の黒湯温泉銭湯) 蒲田温泉の黒湯の浴槽はコンパクトの大きさで、熱い風呂と低めの風呂の二つに分かれています。 熱い風呂は45度くらいで、大人の自分でも入ることができませんでした。低めの風呂でも熱い場合は、カランを開いて、薄めさせてもらいました。(子供には、低めの風呂でも熱いかもしれません)

白湯のお風呂

蒲田温泉(大田区の黒湯温泉銭湯) 白湯は、ジャグジー風呂と、電気風呂を楽しめます。電気風呂は、知らずにはいると、ビリビリしてビックリするので、気を付けてくださいね。なお、左側は、ガリウム石温浴泉を用いたラジウム温泉となっています。

サウナ

img_1954

蒲田温泉のサウナは、追加料金なしで入ることができるのが嬉しいですね。5~6人くらい入れるサイズです。

水風呂

蒲田温泉(大田区の黒湯温泉銭湯) 水風呂は、1~2人しか入れない小さなサイズですが、サウナ上りや、熱い黒湯でのぼせた体をクールダウンしてみては。

温泉成分

蒲田温泉(大田区)

蒲田周辺の銭湯と同じく黒湯の温泉です。保湿や肌に良いヌメリ成分である『腐植質』は82.3ミリグラムと、蒲田周辺の中でも高い方だと思います。(なお、都内で一番高いのは、北品川の『天神湯』で、232ミリグラムとなっています。 泉質は、低張性アルカリ性冷鉱泉で、phは8.0となっています。アルカリ性の温泉は、酸性の皮膚を中和して、表面の角質層を溶かして、美肌効果がありますよ。

  蒲田温泉(大田区)温泉自体は、源泉かけ流しではなく、加温・塩素消毒ありの循環式となっています。(東京の温泉で、源泉かけ流しのお風呂にはいれる施設は、ほとんどないと思います)

薪をつかったボイラー

蒲田温泉(大田区)写真ではわかりにくいのですが、駐車場に向かう細い道を歩いていると、通り沿いに薪を使ったボイラーがありました。東京の銭湯には、よく行くのですが、ボイラー自体を見たのは初めてだったので、新鮮でした。木を燃やしてお湯を温めていることが実感できると思います。

休憩スペース

1階休憩スペース

蒲田温泉(大田区)1階の受付の横には、風呂上りにTVを見ながら、ゆっくりできるスペースがあります。

2階大広間

蒲田温泉(大田区) 食事やカラオケが楽しめる大広間。50人以上は入れそうなスペースで、宴会ができそうですね。自分は、風呂上りに、子供と一緒に、かき氷を頂きました。   次のページでは、インスタグラムの写真をご紹介します。

ページ: 1 2

2015-09-02

施設概要

施設名蒲田温泉
住所東京都大田区蒲田本町2-23-2
電話番号03-3732-1126
営業時間午前10時~深夜1時
(2階大広間は、12時~23時)
定休日年中無休
料金大人 460円(12才以上)
中人 180円(小学生)
小人  80円(未就学児)      
公式サイトhttp://homepage2.nifty.com/kamata-onsen/
参照サイトhttp://www.1010.or.jp/map/item/item-cnt-444
参照サイトhttp://ota1010.com/explore/%E8%92%B2%E7%94%B0%E6%B8%A9%E6%B3%89/
アクセス<電車>
JR・東急『蒲田駅』・『京急蒲田駅』より、徒歩12分

<バス>
京急バス 蒲田本町停留所 より徒歩 1分
駐車場無料駐車場あり(3台)
※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

Googleマップで開く

口コミを投稿するには会員登録ログインが必要です。

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!