【葛西臨海水族園】復活したマグロの巨大水槽を見に行こう!

葛西臨海公園水族館今回は、『葛西臨海水族園』を特集!
一時期、巨大水槽のマグロが全滅したという悲しいニュースが話題になりましたが、マグロの巨大水槽が復活したということで、子供と一緒に葛西臨海公園水族園に行くことに。

スポンサードリンク

葛西臨海水族園へ

葛西臨海公園水族館

JR京葉線『葛西臨海公園駅』で降ります。駅からすぐに、公園が広がっています。

公園の案内図

葛西臨海公園水族館

葛西臨海公園の全体の案内図です。駅から真っ直ぐ海に向かって歩くと、左手に見える水族館が見えます。

水族館の入り口

葛西臨海公園水族館葛西臨海水族園に到着。奥に見える透明なボールのようなものが印象的な建物です。

開園時間&料金

葛西臨海公園水族館開園時間は9時半~5時で、入園料は大人700円、中学生250円、小学生以下無料となっています。なお、都内に在住・在学の中学生も無料になりますので、生徒手帳を持っていきましょう。

マグロと背くらべ

葛西臨海公園水族館

昨日はパパが仕事だったので3人で水族館へ◡̈⋆ 涼を求めて行ったのに激混みで暑かったΣ(дlll) #葛西臨海公園水族館#水族館 #2歳差姉妹#3歳10ヶ月#1歳7ヶ月@hikaru_127
チケット売り場の脇には、マグロが縦に立っていて、マグロと背比べをできるコーナーがあります。記念写真ポイントなので、是非!!

スタンプ

葛西臨海公園水族館最近、駅や観光地のスタンプ集めにハマっている息子が発見したスタンプ。もちろん、押します!!

3階

葛西臨海公園水族館水族館の建物の入り口が3階となっていて、透明のガラスの帽子のような所から入っています。

葛西臨海公園水族館3階は、噴水池と海がつながっているように見える記念写真スポットです。

2階

葛西臨海公園水族館建物に入ると、エスカレーターで2階に降ります。2階には、サメやマグロを見ることが出来ます。

太洋の航海者(サメの展示)

葛西臨海公園水族館2階にはいると、サメが泳いでいる巨大水槽があります。他にも、エイやイワシも一緒に水槽を泳いでいて、圧倒されます。

葛西臨海公園水族館サメは、目が飛び出ていて、『アカシュモクザメ』という種類とのことです。

巨大水槽

葛西臨海公園水族館サメの反対側には、巨大水槽のマグロが見られます。ただ、1階の方がよく見えるので、ここは軽くスルーします。

1階

葛西臨海公園水族館

1階の案内図です。世界の海の魚を展示しているコーナーや、マグロの巨大水槽がある『アクアシアター』や、屋外には『ペンギン』を見ることが出来ます。

世界の海コーナー

世界の海の魚をそれぞれのエリアに分かれた水槽で展示されています。

南シナ海の水槽

葛西臨海公園水族館巨大な魚たちが悠々と泳いでいる人気の南シナ海の水槽を紹介します。

葛西臨海公園水族館こちらは、1m以上はある巨大な魚で、『タマカイ』という名前のようです。水族館のホームページを見ると、水族館で20年以上も生きているヌシのような魚のようです。

葛西臨海公園水族館スキューバーダイビングなどで人気の魚『ナポレオンフィッシュ(メガネモチノウオ)』もいます。

葛西臨海公園水族館頭に突起物がある面白い顔をしている魚『オニテングハギ』です。

葛西臨海公園水族館写真がぼやけてしまっていますが、噛みついたら獰猛でイカツイ顔をしている『ドクウツボ』が岩陰に隠れています。

葛西臨海公園水族館一番大きな水槽にいた『ハナミノカサゴ』。尾ひれがあって、ゆらゆらと綺麗な姿で泳いでいて、かわいらしいですが、実は尾びれには毒があります。やっぱり、綺麗な物には毒があるんですね(笑)。

グレートバリアリーフ

 

葛西臨海公園水族館オーストラリアのグレートバリアリーフの水槽には、3種類の綺麗な色の熱帯魚であるチョウチョウウオが泳いでいます。こちらの魚は、『トカゲチョウチョウウオ』のようです。

インド洋

葛西臨海公園水族館ディズニーのニモで一躍有名になり、子供たちに人気の『カクレクマノミ』です。
クマノミは、特定のイソギチャクに住みかにしています。スキューバービングで、イソギンチャクの近くに手を触れようとすると、小さなカクレクマノミが威嚇されたことがある話を息子にすると、『フーン』とそっけないリアクションをされてしまいました。

アクアシアター

葛西臨海公園水族館葛西臨海公園水族館の目玉のマグロが回遊する巨大水槽です。水槽の後ろには、階段上になったシートがあり、座ってゆっくりとマグロを眺めることが出来ます。
2015年6月に、水槽にマグロを復活させて、8月27日に水槽を覆っていた保護テープを取ったとのことで、まだ、マグロの水槽の展示が完全復活して1か月も経っていなかったようです。やはり、円形の水槽を優雅に泳ぐマグロの姿は、圧巻です。

葛西臨海公園水族館一番大きいマグロで、1m超くらいでしょうか。やはり、以前と比べると、マグロの数もサイズもコンパクトになっている感じが否めませんが、飼育員の努力が実っていくといいですね。

ちなみに、マグロ復活への歩みをまとめたニュース映像をご紹介します。

https://www.youtube.com/watch?v=Krp8gOfCQU8

屋外

渚の生物

葛西臨海公園水族館アクアシアターの横を抜けると、潮の満ち引きがある渚を再現しているコーナーがあります。

葛西臨海公園水族館渚の生物の一番端には、小さな海の生き物たちを触れる『しおだまり』コーナーがあります。

葛西臨海公園水族館カニやヒトデやヤドカリなど、小さな生き物たちの水槽を触ることが出来ます。

タッチンフィーリン

葛西臨海公園水族館『しおだまり』コーナーから、ペンギンの住みかに行く途中に、サメなどのお魚を触れる『タッチンフィーリン』というコーナーがありました。残念ながら、自分が行った時間には既に終了していしまっていましたが、サメやエイなどを触ることができるようです。

葛西臨海公園水族館

エイと触れ合うあたしの手︎笑 相方のカメラ力の低さに泣く笑 #葛西臨海公園水族館 #エイ #ふれあい@crave.10.chiro

ペンキングの生態

葛西臨海公園水族館葛西臨海公園水族館のマグロの展示と並んで、人気のコーナーであるペンギンたちの住みかです。ここのペンギンの展示スペースは国内最大級とのこと。上野動物園など、大抵の動物園・水族館のペンギンは、水の中で泳いでいる姿はあまり見られませんが、葛西臨海公園は水槽も広いので、ビュンビュン泳いでいました。

葛西臨海公園水族館

#葛西臨海公園水族館 #ペンギン #泳ぐペンギン #ペンギン好き@izumi32jazz
ペンギンは、上からだけでなく、水中を泳いでいる様子も見ることができます。

再び1階の展示

海藻の林

葛西臨海公園水族館世界最大の海藻ジャイアントケルプが生い茂る『海藻の林』です。
ユラユラしている海藻が、幻想的な雰囲気を醸し出しています。

小笠原諸島の海

葛西臨海公園水族館東京都に属する小笠原諸島の魚たちも展示されています。東京都は思えないカラフルな熱帯魚たちが泳いでいます。

葛西臨海公園水族館海カメも泳いでいます。

東京湾の魚

葛西臨海公園水族館魚の名前がわからないのですが、魚なのに、足があって、海底を歩ける不思議な魚です。

葛西臨海公園水族館江戸前のアナゴが、竹の中に隠れ入ています。ただ、サイズが足りないので、『頭隠して尻隠さず』の状態になっているのが、可愛い!!

葛西臨海公園水族館鉄腕ダッシュで知った小さな魚にとっての『ゆりかご』になるアマモが展示されていました。

 

葛西臨海公園水族館東京の魚を展示してあるコーナーは、横に階段が付いていて、上から水槽を眺めることも出来ます。

葛西臨海公園水族館魚たちが本物の海と同じ環境で住めるような工夫を紹介しています。

海鳥の生態

葛西臨海公園水族館一番最後に展示されている『海鳥の生態』コーナーです。
ペンギンが展示されているのかと勘違いしていましたが、ウミドリやウミガラスだそうです。

その他エリアの紹介

レストラン『シーウィンド』

葛西臨海公園水族館

テラス

IMG_1420

お土産ショップ

葛西臨海公園水族館

動画の紹介

鈴木絢子さんの動画

https://www.youtube.com/watch?v=xUhCWeB764s

プラレールなどの電車のYouTube動画をたくさんアップしている鈴木絢子さんが子供と一緒に、葛西臨海公園水族館に行った様子を撮影した動画です。まだ、巨大水槽にはテープが貼られていた時期に撮影していますが、水族館の様子がよくわかる動画だと思います。

 

https://www.youtube.com/watch?v=_OvuA2DmK4w

こちらの動画は2分程度でコンパクトに葛西臨海公園水族館がわかる動画です。しかも、5年前に撮影されているので、巨大水槽には、たくさんのマグロが泳いでいる様子が映っています。

勝手に口コミ評価

葛西臨海公園全体として見れば、観覧車があり、水族館があり、芝生があって1日中遊べるので、かなり満足度は高い公園&水族館です。
ただ、欲を言えば、江ノ島水族館や油壷マリンパークのようなイルカショーがないのでは、ちょっと物足りないと感じました。

総合 ★★★★☆
施設充実度 ★★★★☆
サービス ★★★☆☆
料金 ★★★★☆
アクセス ★★★★☆
2015-09-20

施設概要

施設名葛西臨海水族園
住所東京都江戸川区臨海町6-2-3
電話番号03-3869-5152
営業時間9:30~17:00
(最終入館:16:00)
定休日水曜日(水曜日が国民の祝日や振替休日、都民の日の場合は、その翌日が休園日)
年末年始(12月29日~翌年1月1日)
※一部の水曜日を開園することもあります。
料金<入園料>
・大人 700円
・中学生 250円
・65歳以上 350円
※小学生以下&都内在住・在学の中学生は無料

<年間パスポート>
・大人    2,800円
・65歳以上 1,400円
公式サイトhttp://www.tokyo-zoo.net/zoo/kasai
アクセスJR京葉線『葛西臨海公園駅』より、徒歩5分
駐車場有料駐車場有
※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

Googleマップで開く

口コミを投稿するには会員登録ログインが必要です。

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!