【数馬の湯 檜原村】BBQや川遊び後にオススメの温泉!

数馬の湯(檜原村温泉)

離島を除いて、東京の唯一の村である『檜原村』の日帰り温泉施設『数馬の湯』を特集!!
檜原村唯一の日帰り温泉施設です。BBQや川遊びの後に、オススメです。

数馬の湯のご紹介

数馬の湯へのアクセス

檜原村は遠いイメージがあるかもしれませんが、中央道が渋滞していなければ、車で2時間もかからないで、行けますよ。

子供と一緒に、檜原村でBBQを楽しんだ後、どこの温泉に行くか迷ったのですが、行ったことがない『数馬の湯』にチャレンジすることに決定。(武蔵五日市・檜原村方面で、日帰り温泉の候補と言えば、『瀬音の湯』と『数馬の湯』と『蛇の湯温泉 たから荘』の3つの選択肢があると思います)

檜原村役場の先のT字路を左に曲がると、あとはずっと1本道が続きます。途中に、廃墟のように見える巨大な工場や、『兜造り』と呼ばれる家を見ながら、ドライブ。

入浴料&営業時間

大人料金820円を払って、館内へ。小学生未満は無料というのは、子供連れにとっては、嬉しいですよね。

温泉のご紹介

建物自体は、1996年に作られているので、新しくはないですが、館内は掃除も行き届いていて、清潔感を感じました。

浴場は、内風呂が3つと、露天風呂があります。

数馬の湯(檜原村温泉)

内湯は真ん中にジャグジーがあって、左右に広めのお風呂となっています。1つのお風呂は、薬草などをアレンジを加えた温泉になっていますよ。子供でも入れそうな温度設定なので、嬉しいですね。あと、小さいですが、サウナもありますよ。
うたせの湯は、お湯が飛び散るとのことで、使用不可になっていました。

 

数馬の湯(檜原村温泉)

外には、露天風呂と壺風呂がありました。露天風呂は、おもったよりコンパクトな作り。混んでいる時間帯だと、大変かもしれませんん。
ちょっと変わった露天風呂で、天井に丸太があるのですが、一定期間ごとに、お湯が上から落ちてくるようになっています。また、たまたまかもしれませんが、壺風呂にはお湯が入っていなかったです。
残念ながら、露天風呂からは川を眺めることはできません。近いのですが、道路の反対側なので、・・・。

食事処

大きなTVと暖炉がある食事コーナー。外には、テラス席もあります。

檜原村産のまいたけのテンプラと、檜原村名物の『ちとせ屋』の豆腐と、刺身こんにゃくを頂きました。どれも美味しかったですよ。

数馬の湯(檜原村温泉)

食事スペースにある暖炉。自分は夏に行ったので、焚いていませんでしたが、冬場はこんな感じなんですね。

数馬の湯(檜原村温泉)

シメはいつもお世話になってる数馬の湯さんの食事処で舞茸の天ぷら。もちろん(坂バカ自転車乗りには有名な)檜原村のきのこセンター産。やっぱ超美味しい!@jinken
次のページでは、近場の観光スポットや口コミ評価をご紹介します。

ページ: 1 2

2015-08-20

施設概要

施設名数馬の湯
住所東京都西多摩郡檜原村2430
電話番号042-598-6789
営業時間平日 10:00~19:00
土日祝日 10:00~20:00
定休日月曜日。
ただし月曜日が祝日の場合は、翌日が休館日。
料金大人820円
小人410円
(未就学:無料)

このほか、障害者割引がございます(障害者手帳をご提示下さい)。
公式サイトhttp://spa-kazuma.com
参照サイトhttp://www.gotokyo.org/jp/kanko/hinohara/spot/10006.html
アクセス<バス>
武蔵五日市駅より、数馬行バスで、『温泉センター』にて下車。
駐車場あり(無料)
※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

Googleマップで開く

口コミを投稿するには会員登録ログインが必要です。

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!