【駒沢オリンピック公園】自転車も遊具でも遊べる公園!

駒沢オリンピック公園今回は、駒沢オリンピック公園を特集!!
東京ドーム9個分の広さがあり、3種類の遊具がある公園(りす・ぶた・うま)や、自転車が練習できるリンリンコースやサイクリングコースや、夏場は水であそべる『ジャブジャブ池』など、たくさんの遊ぶポイントがあります。

IMG_5435駒沢オリンピック公園にお出かけを検討している人は、どのゾーンに行くか、事前に調べていかないと、広すぎるので疲れてしまいます。そんな方に参考になるように、子供と一緒に遊ぶのに適したゾーンを紹介します。

遊具がある3公園

駒沢公園には、遊具がある公園が3つあるので、駒沢公園での遊びルートを決める為の軸となる公園を決めましょう。
駒沢公園駅とのアクセスや自転車乗り場との近さを優先すればで『うま公園』遊具が充実した公園を優先するのであれば『リス公園』をオススメします。

リス公園

駒沢オリンピック公園(リス公園)
すべり台

駒沢オリンピック公園(リス公園)リス公園だけあって、滑り台にもリスがいます。すべり台の下は、土管のトンネルになっています。

すべり台

駒沢オリンピック公園(リス公園)上の滑り台よりも角度が急なすべり台です。小さい子供には、ちょっと怖いかもしれませんね。

うんてい?

駒沢オリンピック公園(リス公園)

何という名前の遊具かわかりませんが、ハシゴの上を歩いて、端から端まで落ちないで歩けるかチャレンジできる遊具です。小さな子供は、パパママが手を繋いで、渡ってみては。

ブロック

駒沢オリンピック公園(リス公園)おままごとや、隠れんぼに使えそうねコンクリートのブロックです。

 

ブランコ

駒沢オリンピック公園(リス公園)定番のブランコは、もちろんあります。

お砂場

駒沢オリンピック公園(リス公園)リス公園には、お砂場もあるのですが、あまり人気がないらしく、遊んでいる子供は少ないようです。

回転系ジャングルジム

駒沢オリンピック公園(リス公園)

回転ジャングルジムが置いてあります。土日には、小学生くらいの子供がグルングルン回しています。
こういう公園で、子供たちの遊びのルールを覚えられるといいですよね。ただ、親の立場としては、回転させて他の子供を怪我させたらと思って、回転させることには躊躇してしまいました。

スプリング遊具

駒沢オリンピック公園(リス公園)リス公園ですが、スプリング遊具は馬と鳥と、他の動物でした(笑)。

 

ぶた公園

駒沢オリンピック公園(ぶた公園)駒沢オリンピック公園の遊具がある公園の1つの『ぶた公園』を紹介します。こちらは、『ブタ』の遊具がたくさんあって、まさに『ぶた公園』という感じです。

豚の遊具

駒沢オリンピック公園(ぶた公園)目玉のブタの遊具の後ろ側の写真です。豚の蹄(もしくは、鼻?)が階段になっています。

 

駒沢オリンピック公園(ぶた公園)ぶたの口の中は、2種類の滑り台になっています。

ぶたの置物

駒沢オリンピック公園(ぶた公園)かわいらしいブタの遊具が5匹並んでいます。

駒沢オリンピック公園(ぶた公園)

例の豚の公園 #サイクリング #駒沢オリンピック公園@fujita.sk8.k

 

ブランコ&島わたり

駒沢オリンピック公園(ぶた公園)
定番のブランコと、『落ちたらワニに食べられちゃうぞ』という遊びができるができる島わたりの遊具があります。

お砂場&ブランコ

駒沢オリンピック公園(ぶた公園)定番のお砂場と、足を外に出せる包んでくれるタイプのブランコがあります。小さな子供でも楽しめるブランコですよね。

ウマ公園

駒沢オリンピック公園(うま公園)自転車の練習ができるチリンチリンコースの近くにある『うま公園』を紹介します。

うまの遊具

駒沢オリンピック公園(うま公園)『ウマ公園』というだけあって、ウマに座れる遊具がありました。ただ、ウマ公園で馬らしいのは、この遊具くらいでした。

コンクリートの壁

駒沢オリンピック公園(うま公園)壁の上を歩いて、端から端までいけるかチャレンジしました。危ない所は、子供の手を握りましたが、低い所は自分ひとりで歩けましたよ。土管も潜って遊べます。

 

駒沢オリンピック公園(うま公園)コンクリートの壁の端です。低くなっています。

すべり台

駒沢オリンピック公園(うま公園)オーソドックスなすべり台です。

鉢のような遊具

駒沢オリンピック公園(うま公園)上から登って、鉢?の中に入れるようになっている遊具。写真のバックにも映っているように、リス公園は丸を意識した造りになっているようです。

お砂場

駒沢オリンピック公園(うま公園)定番のお砂場も、もちろんあります

ブランコ

駒沢オリンピック公園(うま公園)ブランコは、工事中でした。

 

次のページでは、自転車ゾーンを紹介します。

ページ: 1 2 3

2015-09-01

施設概要

施設名駒沢オリンピック公園
住所世田谷区駒沢公園1-1
電話番号03-3421-6431
営業時間<自転車>
・9時~17時(貸出は16時半まで)
定休日<自転車>
・月曜日(但し、祝日にあたる場合は翌日)
・12月29日~1月3日
料金<自転車>
・6人乗り自転車(ファミリーコース)
 210円(2周)
・タンデム(二人乗り自転車)
 210円/周
・一般自転車
 210円/時間
・子供用自転車
 100円/時間
公式サイトhttp://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index040.html
アクセス<電車>
・東急田園都市線「駒沢大学駅」より、徒歩15分

<バス>
・JR山手線「渋谷駅」より、東急バス(田園調布行き)「駒沢公園東口」下車
・JR山手線「恵比寿駅」より、東急バス(用賀行き)「駒沢公園」下車
駐車場有料駐車場あり
※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

Googleマップで開く

口コミ

  1. Ken より:

    一緒に行った人:子供と一緒 (年中・年長)

    口コミ評価 5

    自転車の練習をするには、ベストな公園なのでは。また、大型の遊具はないですが、4か所ほど、ミニ公園があるので、子供も飽きることなく、遊べますよ。

口コミを投稿するには会員登録ログインが必要です。

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!