【寿湯 目黒銭湯】祐天寺にある金魚の水槽が特徴のレトロ銭湯!

寿湯(目黒区祐天寺の昭和レトロ銭湯)

今回は、目黒区祐天寺にある宮造りの立派な建物が目印のレトロ銭湯『寿湯』をご紹介します。サウナや水風呂がないシンプルなお風呂ですが、昭和レトロな銭湯を味わうことが出来ますよ。

スポンサードリンク

寿湯のご紹介

寿湯へ

寿湯(目黒区祐天寺の昭和レトロ銭湯)

寿湯は、東横線の祐天寺駅から歩いて10分くらいの蛇崩の交差点にあります。立派な宮造りの建物が目印です。

寿湯(目黒区祐天寺の昭和レトロ銭湯)

銭湯の入口です。前に見えるのは、銭湯ならではの傘入れになっています。

更衣室

寿湯(目黒区祐天寺の昭和レトロ銭湯)

入浴料は、大人460円、小学生180円、未就学児80円と、銭湯一律料金となっています。

昔ながらの銭湯ですが、番頭から更衣室が見えないような造りになっているので、女性の人も入りやすいのでは。

脱衣場

寿湯(目黒区祐天寺の昭和レトロ銭湯)

更衣室の天井は、とても高く、格子の模様をした格天井となっています。受付の方に聞くと、戦後すぐの68年前に作られた建物だそうです。昭和レトロな銭湯好きには、たまらないと思います。

お風呂場

IMG_4418

お風呂場は、水風呂やサウナはなく、浴槽が2つあります。また、富士山などの壁画は描かれていませした。

なお、備え付けのシャンプーやボディーソープは置かれていないので、ご注意を。

バイブラ湯

寿湯(目黒区祐天寺の昭和レトロ銭湯)

バイブラ湯です。写真の通り、浴槽の隣には、立派な錦鯉が泳いでいる水槽があります。

座風呂&寝風呂

寿湯(目黒区祐天寺の昭和レトロ銭湯)

隣には、寝風呂と座風呂があります。枕には水が流れていて、頭を冷やすことが出来ますよ。

また、他の銭湯と異なり、お風呂の温度がぬるめの設定のため、子供でも入りやすいですよ。

天井&タイル画

寿湯(目黒区祐天寺の昭和レトロ銭湯) 写真のように、天井がかなり高くて、解放感がありますよ。また、男湯と女湯の間には、タイル画が貼られています。

 

次のページでは、インスタグラムの写真をご紹介します。

ページ: 1 2

2016-07-04

施設概要

施設名寿湯
住所東京都目黒区上目黒5-27-18
電話番号03-3713-3019
営業時間14:50~23:00
定休日木曜日(祝日の場合は翌日)
料金・大人:460円
・小学生:180円
・未就学児:80円
公式サイトhttp://www.1010.or.jp/map/item/item-cnt-515
参照サイトhttp://www.city.meguro.tokyo.jp/shisetsu/shisetsu/koshuyokujo/kotobuki.html
Instagramhttps://www.instagram.com/explore/locations/634991415/
アクセス<電車>
・東急東横線『祐天寺駅』より、徒歩9分
駐車場なし
※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

Googleマップで開く

口コミ

  1. Ken より:

    一緒に行った人:一人旅

    口コミ評価 3.5

    浴槽から金魚が見られる水槽があって、昭和レトロな雰囲気は大好きです。
    ただ、ちょっと駅から遠いのがネックです。

口コミを投稿するには会員登録ログインが必要です。

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!