【黒部峡谷 温泉】トロッコ電車で行く源泉かけ流しの秘湯を特集!

黒部峡谷トロッコ電車で行く温泉(日帰り温泉)

今回は、黒部峡谷トロッコ電車の乗った際に、立ち寄りたい温泉スポットを紹介しています。すべて源泉かけ流しの温泉となっていて、駅の近くにある温泉から、かなり歩かないといけない秘湯もありますよ。

黒部峡谷の温泉の紹介

「黒部峡谷 温泉」の画像検索結果

黒部峡谷の温泉は、終点の欅平駅周辺に3か所、鐘釣駅には川の下から温泉が湧く天然の露天風呂、黒薙駅には秘湯露天風呂があります。それぞれの温泉を紹介していきます。

スポンサードリンク

欅平駅

トロッコ電車の終点駅の欅平駅の周辺には、3つの温泉があります。

猿飛山荘

黒部峡谷トロッコ電車で行く温泉(日帰り温泉)猿飛山荘

欅平駅の直ぐ側にあるのが、猿飛山荘の温泉です。猿飛山荘には、有料の露天風呂と、無料で入れる足湯の両方がありますよ。駅から近いので、電車の時間待ちの時などにオススメです。

黒部峡谷トロッコ電車で行く温泉(日帰り温泉)猿飛山荘

こちらの階段を下りた左手にあるのが、日帰り温泉となっています。入浴料は、大人700円、子供400円となっています。
川の目の前にある露天風呂なので、景色を楽しみながら入れますよ。温泉は、祖母谷温泉から引き込んでいて、源泉かけ流しの露天風呂となっています。

足湯

 

隣には、無料で入れる足湯もありますよ。目の前の川を眺めながら、疲れた足を休めてみては。ちなみに、自分が行った時には、14時までとなっていたので、階段を下りて足湯につかる前に、時間をチェックしてくださいね。

足湯ナウ #欅平駅 #トロッコ電車 #硫黄泉

湯野見さん(@yunomi12345)が投稿した写真 –

名剣温泉

黒部峡谷トロッコ電車で行く温泉(日帰り温泉)名剣温泉 名剣温泉は、欅平駅から徒歩15分ほどの場所にある温泉です。自分は、今回、こちらの温泉に行きました。  黒部峡谷トロッコ電車で行く温泉(日帰り温泉)名剣温泉 名剣温泉は、日帰り温泉も、宿泊も両方可能となっています。 料金は、大人700円、子供500円、幼児300円となっています。 黒部峡谷トロッコ電車で行く温泉(日帰り温泉)名剣温泉 日本秘湯を守る会に入っているようです。源泉は、猿飛山荘と同様に、祖母谷温泉から引いてきていて、源泉かけ流しを楽しめる秘湯です。   黒部峡谷トロッコ電車で行く温泉(日帰り温泉)名剣温泉 露天風呂は、川沿いにあります。川の景色を見ながら露天風呂に入ることができますよ。シャワースペースは、水が出るだけの簡易なものですが、シャンプーとボディーソープの備え付けはありますよ。温度は、40度くらいで、子供でも入りやすく、ちょっと濁ったお湯になっています。

祖母谷温泉

黒部峡谷トロッコ電車で行く温泉(日帰り温泉)祖母谷温泉 祖母谷温泉は、一番奥にある温泉で、欅平駅から40分~1時間程度歩いた場所にある秘湯になっています。自分は、時間がなくて、祖母谷温泉は断念しましたが・・・。

Hareさん(@harehayama)が投稿した写真

こちらの橋を渡ると、祖母谷温泉に到着するようです。

 源泉かけ流しの露天風呂を楽しめますよ。男湯は川の景色を楽しみながら入れるようになっています。料金は、大人500円、子供300円となっています。

鐘釣と同様に、川の底から温泉が自噴しており、自分で露天風呂を作ることもできるようです。

 

次のページでは、鐘釣駅や黒薙駅にある温泉をご紹介します。

ページ: 1 2

2016-10-13

施設概要

施設名黒部峡谷 温泉
住所富山県黒部市
公式サイトhttp://www.kurotetu.co.jp/onsen/
アクセス<電車>
北陸新幹線『はくたか』にて、『黒部宇奈月温泉駅』で下車。
富山地方鉄道にて、終点『宇奈月温泉駅』で下車し、黒部峡谷鉄道に乗ります。
駐車場クルマでの移動は不可
※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

Googleマップで開く

口コミ

  1. Ken より:

    一緒に行った人:子供と一緒 (年中・年長)

    口コミ評価 4

    北陸新幹線、ドラえもんトラムと、鉄道旅行の最後の場所として、黒部峡谷トロッコ電車に乗ることに。黒部の山の中をトロッコで進んでいくのは、気持ち良いですよ。
    自分は、欅平駅の名剣温泉に行きましたが、どこも源泉かけ流しの温泉で、秘湯という雰囲気が漂っています。
    トロッコは、体が冷えるので、温泉で体を温めてみては。

口コミを投稿するには会員登録ログインが必要です。

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!