【松原湯 明大前銭湯】富士山のペンキ絵が素敵なレトロ銭湯!

松原湯(明大前銭湯)

今回は、世田谷区の明大前にある銭湯『松原湯』をご紹介します。

明大前駅から徒歩3分と駅チカの銭湯で、富士山のペンキ絵と、碁盤目の模様が特徴の格天井や、お釜型ドライヤーなど、レトロ銭湯が好きな人にとっては魅力的な銭湯ですよ。

スポンサードリンク

『松原湯』のご紹介

松原湯へ

世田谷区の明大前にある銭湯『松原湯』

松原湯は、京王線明大前駅から徒歩2~3分と、好アクセスの場所にあります。

銭湯の反対側には教会があり、自分が行った時には讃美歌の練習をしていて、教会の歌声を聞きながら、松原湯に入ることに。

営業日時

松原湯(明大前銭湯)

営業時間15:45~22:00となっており、定休日は金曜日とのことです。

受付

松原湯(明大前銭湯)

レトロ銭湯ですが、受付はフロント形式になっています。入浴料は、大人460円、小学生180円、未就学児80円です。

なお、シャンプーやボディーソープの備え付けはないので、持参していない人は、フロントで購入してくださいね。

脱衣場

世田谷区の明大前にある銭湯『松原湯』

脱衣場は木のぬくもりが溢れたレトロな雰囲気で、天井はレトロ銭湯の定番の碁盤目の模様の格天井となっていますよ。建ててから60年近く経っているそうですが、床はピカピカで、とても綺麗な銭湯ですよ。

女湯には、お釜型ドライヤーが置かれているとのことです。

お風呂場

松原湯(明大前銭湯)
富士山のペンキ絵が描かれていて、開放感のあるお風呂場となっています。富士山は、ペンキ絵師の中島盛夫さんが描いているとのことです。

バイブラバス

松原湯(明大前銭湯)

お風呂は2種類あり、一つはバイブラバスとジェットが付いているお風呂になっています。温度は42度くらいでした。なお、木曜日と土曜日には、薬湯に入れるとのことです。

座風呂

松原湯(明大前銭湯)

もう一つのお風呂は、座風呂となっており、頭の部分には冷たい水枕になっていて、背中や足元からジェットが出ていて、とても気持ち良いですよ。

インスタグラムの写真&コメント

 

タオルだけ持って行って、あえて現地でこういう40円とかの謎シャンプーを買ってみたりするのが楽しい。

Go Hatori (GO羽鳥)さん(@mamiyak46)が投稿した写真 –

 

施設概要

施設名

松原湯

住所 東京都世田谷区松原2-31-12

電話番号

03-3321-4624

営業時間15:45~22:50
最終受付22:30
定休日金曜日
料金

大人:460円
小学生:180円
未就学児:80円

公式サイト
アクセス京王線『明大前駅』より、徒歩3分
駐車場なし
スポンサードリンク

Googleマップで開く

※記載内容が変更されている可能性があるので、最新の情報は公式HPや電話にて、ご確認お願いします。また、訂正すべき点がございましたら、お手数ですが、info@d-c-m.jpにメール頂けると幸いです。

口コミを投稿するには会員登録ログインが必要です。

オススメの記事&広告

一緒に読みたい特集!